話題
バムとケロのカレンダー2021

バムとケロのカレンダー2021(文溪堂)

今年もバムとケロのカレンダーが出来ました!

意味がわかるとゾクゾクする超短編小説 54字の物語
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

意味がわかるとゾクゾクする超短編小説 54字の物語

  • 児童書
作: 氏田 雄介
絵: 佐藤 おどり
出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,000 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2018年02月16日
ISBN: 9784569787435

小学校高学年から
四六並・191ページ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

9マス×6行の原稿用紙につづられた「#インスタ小説」がついに書籍化!
こどもから大人まで楽しめる、世界一短い(かもしれない)短編小説90話をあなたに。

あなたはこの物語の意味、わかりますか――?

◆このまえ研究室に送ってくれた大きなエビ、おいしかったよ。ところで、例の新種生命体のサンプルはいつ届くのかね?

◆「ただいま」と言えば「お帰りなさい」と返ってくる新生活が始まった。家賃も安いし、こんな一人暮らしも悪くない。

◆本当にこんな惑星に生命体が存在するのだろうか? 一年間に及ぶ実地調査の最終日、幸いなことに私はうんこを踏んだ。

◆「やあ、私は未来から来た。今は戦前か?」「いや、戦後から七十年は経っているが」「ということは二十二世紀だな」

物語の解説&他の物語は、ぜひ本書でお楽しみください!

ベストレビュー

面白い

まず、読みやすいです。
超短編なのであっという間に読めるし、読みたいときに読みたいところだけ読めるのがこの本のいいところかなと。普段、本を読まない人にもオススメできます。
大人は解説がなくても大体言わんとすることはわかると思います。でも、子供にはあったほうがいいのかな。
ゾクゾクするお話というより、ほっこりする話とか、面白い話とかいろんなジャンルがありました。
怖い系を期待して読むとガッカリするかも。
(lunaさん 30代・ママ 男の子10歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • ただいマンモス
    ただいマンモス
     出版社:こぐま社 こぐま社の特集ページがあります!
    ただいマンモス、おかえリンゴ!冴えわたる怒涛の連続ダジャレストーリー。ぜひとも声に出して読みなシャレ

氏田 雄介さんのその他の作品

カサうしろに振るやつ絶滅しろ! 絶滅してほしい!?迷惑生物図鑑 / 54字の百物語 / 超短編小説で読よむ いきもの図鑑 54字の物語 ZOO / 歴史がわかるとゾクゾクする超短編小説 54字の物語 史 / 意味がわかるとゾクゾクする超短編小説 54字の物語 参 / 意味がわかるとゾクゾクする超短編小説 ゾク編 54字の物語 怪

佐藤 おどりさんのその他の作品

科学でナゾとき!わらう人体模型事件 / 原稿用紙1枚の物語 20行目で「あっ!」とおどろく 1


絵本ナビホーム > 児童 > 全集・双書 > 日本文学、小説・物語 > 意味がわかるとゾクゾクする超短編小説 54字の物語

ずっと変わらない瞳…小鳥と少女の心の交流を描いた感動作

意味がわかるとゾクゾクする超短編小説 54字の物語

みんなの声(2人)

絵本の評価(3.67

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット