どんどこ ももんちゃん どんどこ ももんちゃん どんどこ ももんちゃんの試し読みができます!
作: とよた かずひこ  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
わが子にそっくり!何回よんでもママもパパも楽しいロングセラー絵本
☆うさこ☆さん 30代・せんせい

まっすぐに進む先には…
ももんちゃんシリーズの1作目ということ…
人気絵本をスマートフォン・タブレットで!絵本読み放題サービス♪【プレミアムサービス】
母ぐま子ぐま
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

母ぐま子ぐま

  • 絵本
著者: 椋 鳩十
絵: 村上 康成
出版社: 理論社 理論社の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,500 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2018年02月
ISBN: 9784652202371

サイズ:A4変/ページ数:32ページ

出版社からの紹介

「しんでは いけない。しんでは いけない」はげしく襲う痛みに気が遠くなるなか、母ぐまは二ひきの子ぐまを思い、のうみその奧の方でさけびました。命のきけんと隣り合わせの野に生きる、くまの母子の愛をえがいたお話です。

ベストレビュー

母親の強い愛情

絵が村上康成さんなので、母熊の恐ろしさは怖くなかったのですが、母親がこぐまを守ろうと必死な気持ちは、泣けるくらいに伝わってきました。「死んでは いけない。死んでは いけない」おかあさんの本能がくまの脳みその奥のほうで叫びました。母親ならばこそのこぐまたちを助けたい思いに泣けてきまいした。とにかく助かってよかったと感情移入してしまった私でした。
(ぴょーん爺さん 60代・じいじ・ばあば )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


椋 鳩十さんのその他の作品

アニメ版 マヤの一生 / ふしぎな玉 / マヤの一生 / ひとりぼっちのつる / ほうまんの池のカッパ / かたあしの母すずめ

村上 康成さんのその他の作品

アイアイ / ぞうさんうんちしょうてんがい / 999ひきのきょうだいのほしをさがしに / おいも! / 村上康成のイラストエッセイ 水ぎわの珍プレー / はるの ごほうび



「ちいさなエリオット」シリーズ 作者・マイク・クラウトさん 翻訳者・福本友美子さん対談

母ぐま子ぐま

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.5

ママの声 1人

ママの声一覧へ

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット