新刊
にんじゃじゃ!

にんじゃじゃ!(文溪堂)

2021年、家族みんなで、笑いませんか?

  • 笑える
  • 盛り上がる
話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

イチからつくる ワタの糸と布

イチからつくる ワタの糸と布

  • 絵本
編: 大石 尚子
絵: 杉田 比呂美
出版社: 農山漁村文化協会

本体価格: ¥2,500 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「イチからつくる ワタの糸と布」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2018年03月
ISBN: 9784540171635

判型/頁数:AB 36ページ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

種からワタを育て、糸をつむぎ、マフラーをイチから自分でつくる。機織りは、場所をとらずに身近な道具で手作りできる“原始機"で。ワタの品種や世界各地の機織り機の紹介、タマネギの皮で糸を染める方法も。

ベストレビュー

手間暇かかってようやく

綿の種をまいて育て、綿を収穫し、糸を紡ぎ、機織り機で織る。一枚の布ができるまで、果てしない工程が続く。
今、この国で生活していると、めったに見ることがない布を作る工程。昔は各家庭で、手作業で、ゆっくり時間をかけて作っていたという。
綿の植物としての特性、糸紡ぎや機織りの工程、布をめぐる世界の歴史。かわいいイラストと、写真でしっかりわかるように工夫されている。実際に体験したような気分になる。1冊で、社会の仕組みがざっくりわかるようだ。

私は糸紡ぎや布を織る体験をしたことがあるが、本当に手間がかかる作業だった。難しい作業で、練習して技術をあげないと商品にならない。それでも、無心に同じことを繰り返す時間は、忙しくいろいろなことに追われる生活から一時逃避できる素敵な時間だった。
しかし、奴隷として、この重労働を課せられた人たちもある。現在でも低賃金で長時間労働。安く衣料品が買える背景を考えると、モノだけではなく、人にもあらゆる命にも優しい社会が必要だとわかる。
(渡辺諦さん 30代・その他の方 )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


杉田 比呂美さんのその他の作品

エレベーターのふしぎなボタン / がんばるセイウチ / かまってシロイルカ / ゆうだちのまち / ぼくたちの相棒 / 続・12月の夏休み


絵本ナビホーム > 児童 > 絵本 > 家事 > イチからつくる ワタの糸と布

今月の新刊&オススメ絵本情報

イチからつくる ワタの糸と布

みんなの声(1人)

絵本の評価(4

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット