話題
しばわんこの和の行事えほん

しばわんこの和の行事えほん(白泉社)

お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

  • 全ページ
  • ためしよみ
新刊
ぐるぐるうごく しましまぐるぐる

ぐるぐるうごく しましまぐるぐる(学研)

赤ちゃんはうごくものが好き!累計250万突破の大人気シリーズから待望の新刊登場!

  • かわいい
  • ギフト
しあわせの牛乳

しあわせの牛乳

写真: 安田 菜津紀
著: 佐藤 慧
出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!

在庫あり

原則月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥1,320

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

のびのび読みポプラ社

作品情報

発行日: 2018年03月15日
ISBN: 9784591158135

出版社からの紹介

岩手県の「なかほら牧場」。ここでは、一年を通して山に牛を放牧しています。搾乳用の牛舎はありますが、牛たちは一年をとおして山で生活しています。だから、糞尿処理は自然まかせ。糞を肥料にして育った無農薬・無肥料の野シバを食べ、自然に交配・分娩し、山林と共生しています。ビタミン剤やミネラル剤、ホルモン剤なども一切使用しません。そして人間は、子牛の飲み残しを搾乳し、それを牧場内の施設で加工して牛の母乳を分けてもらうだけ。このような方法で行う酪農を、「山地(やまち)酪農」といいます。
「なかほら牧場」で山地酪農を営む中洞正さんは、「このやりかたなら自然の循環のなかで、たとえ1000年先であっても持続していくことができる」と言います。豊かな自然のなかで牛はのびのびと健康に育ち、人はおいしい牛乳を少しだけいただく。――本書は、中洞さんが山地酪農を完成させるまでを追いかけたノンフィクション読み物です。
自然と人間がともにすこやかに生きていくすべを考えるきっかけになる一冊。

ベストレビュー

しあわせの牛乳とは 牛からお乳を頂く自然な姿の牛から!

毎日のように牛乳やバターを頂いています
中洞牧場の しあわせの牛乳の本を読んで 感動しました!!

本来牛を育ててお乳を頂くというとは こういうことだったのですね
牛乳はどうやって作られる?

しかし ほとんどの牧場が牛舎に牛を閉じこめて 穀物のエサを与え牛乳を搾乳し続ける  牛乳を出せなくなると 食用肉として殺されてしまうのです
近代酪農は 大量生産するため 配合飼料を与える(外国から輸入された飼料) 

中洞正さんは 山地酪農という 自然な山地で 牛を放牧して農薬のない草を食べ 牛たちが自由に生き子牛を産み育てる
牛も人間もしあわせに生きていける 酪農を実現されたのです

それまでに至るには 大変な苦労があり 挫折することもありましたが それを乗り越えて 山地酪農を守られたのは 牛たちをこよなく 愛されていたからだと思いました(情熱と諦めない精神に感動しました!)

中洞牧場の牛乳を飲んでみたいです!
どんな味がするか楽しみです!

安田奈津紀さんの写真の牛たちの目が 優しくて かわいく 自然の中で生きていく牛 春夏秋冬の牛の様子が良く分かりました
(にぎりすしさん 60代・その他の方 )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • ゆめぎんこう
    ゆめぎんこうの試し読みができます!
    ゆめぎんこう
     出版社:白泉社 白泉社の特集ページがあります!
    MOEで大反響! リラックマの原作者コンドウアキが贈る、優しさあふれる夢の絵本。

安田 菜津紀さんのその他の作品

アレッポのキャットマン / 故郷の味は海をこえて / シリア 震える橋を渡って 人々は語る / それでも、海へ

佐藤 慧さんのその他の作品

毎日がつまらない君へ / 君はどんな大人になりたい? / 勉強なんてしたくない君へ



堀内誠一さん生誕90周年連載 50年の時を超えた合作・谷川俊太郎×堀内誠一『ちちんぷいぷい』

しあわせの牛乳

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.5

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット