なかよし ちびゴジラ なかよし ちびゴジラ なかよし ちびゴジラの試し読みができます!
作: さかざきちはる  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
ひとりぼっちのちびゴジラに、ともだちできた!
自宅でも、おでかけ中でも。名作絵本ムービー見放題♪ 【プレミアムサービス】
奇譚ルーム
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

奇譚ルーム

  • 児童書
作: はやみね かおる
出版社: 朝日新聞出版

本体価格: ¥980 +税

「奇譚ルーム」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2018年03月15日
ISBN: 9784023316591

四六版並製/248ページ

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介


立ち読み

▲ トップ

奇譚ルーム

はやみね かおる 作 / しきみ 絵

ISBN:9784023316591
定価:1058円(税込)
発売日:2018年3月15日
四六判並製 248ページ
「都会のトム&ソーヤ」シリーズや「名探偵夢水清志郎」シリーズ(いずれも講談社)のベストセラー作家、はやみねかおるがヤングアダルト向けに書き下ろしたミステリー。
舞台はSNSの仮想空間「ルーム」。ここはホストがテーマごとにルームを設定し、ゲストを招待する。主人公の“ぼく”が招待されたのは、奇譚マニアのルーム。奇譚とは「不思議な話」のことだ。そして、このルームの目的は、一人ずつ自分が知っている奇譚を披露すること。“ぼく”以外の参加者は、探偵、人形遣い、遊民、先生、マンガ家、アイドル、新聞記者、ヒーロー、少年、そして、マーダラー(殺人者)――。「私はマーダラー。これから一人ずつ殺していくのだよ。」マーダラーいわく、「ルーム」内の死は、現実の死とシンクロしている。マーダラーとはいったい誰なのか?招かれた10人への死の制裁には何か目的があるのか?バーチャルの世界と現実の境目が溶けていく心理ミステリー。
※中学生以上の漢字にルビ付き。

ベストレビュー

大人が読んでも面白い

正直、縦書きの方が読みやすかったと思うけど、SNSが舞台ということで横書きだったんでしょうか。
ラインっぽい感じで吹き出しでセリフを読んでいくので、今時の子にはとっつきやすいと思います。
内容は、全然想像してなかった展開で、後半は特に面白かったです。探偵、推理物が好きな息子にもウケてました。小学生から大人まで楽しめると思います。
(lunaさん 30代・ママ 男の子10歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


はやみね かおるさんのその他の作品

怪盗クイーン モナコの決戦 アナミナティの祝祭・後編 / 都会のトム&ソーヤ(16) スパイシティ / 講談社青い鳥文庫 打順未定、ポジションは駄菓子屋前 / 都会のトム&ソーヤ(15) エアポケット / 怪盗クイーン ケニアの大地に立つ / 都会のトム&ソーヤ(14)《夢幻》下巻



『おむつのなか、みせてみせて!』10万部突破記念! ヒド・ファン・ヘネヒテンさんインタビュー

奇譚ルーム

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.25

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット