話題
しばわんこの和の行事えほん

しばわんこの和の行事えほん(白泉社)

お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

  • 全ページ
話題
バムとケロのカレンダー2021

バムとケロのカレンダー2021(文溪堂)

今年もバムとケロのカレンダーが出来ました!

チョコレート物語
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

チョコレート物語

  • 児童書
著: 佐和 みずえ
絵: さくらい ともか
出版社: くもん出版 くもん出版の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,400 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 2018年02月
ISBN: 9784774326979

小学校高学年
判型:A5判縦/本体サイズ:縦21.6×横15.6×2.0cm

出版社からの紹介

ロシア革命からのがれるようにして中国、アメリカへ、そして関東大震災後の日本へとやってきたロシア人のモロゾフ一家。ようやく神戸に腰を落ちつけ、チョコレート店を開店させました。

ところが、チョコレートづくりには不向きな日本の猛暑、亡命者に対する不信、太平洋戦争よる材料不足と店の焼失、戦後の混乱など、次つぎにおそってくる困難に直面します。それでもあきらめずに家族で立ちむかい、みんなを幸せな気持ちにさせる本物のチョコレートをつくりつづけ、たくさんの人びとに届けました。

ロシア革命から、百年がすぎました。世界や日本で起こったできごとを追いながら、一粒一粒のチョコレートづくりにすべてをささげた、モロゾフ一家を描きます。

ベストレビュー

モロゾフ一家の物語

モロゾフ一家の物語。
ロシア革命からいろいろ困難にあってきたのだなーと思えました。
当時は日本のチョコレートは子供向けのものしかなく、大人のおもてなしに出したりはしないものだったのですね。
この本を読むだけあって、私はチョコレートが大好きなので、チョコレートの地位を上げてくれたモロゾフ一家のみなさんにお礼を言いたいです。
チョコレートが食べたくなりました。
(みちんさんさん 30代・ママ 女の子6歳、女の子4歳、女の子0歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


佐和 みずえさんのその他の作品

熊本城復活大作戦 地震から二十年かけて進む道のり / すくすく育て!子ダヌキ ポンタ / 拝啓、お母さん / パオズになったおひなさま / よみがえる二百年前のピアノ / 鷹匠は女子高生!

さくらい ともかさんのその他の作品

ムジカの森の音楽隊 / ひいばあのチンチンでんしゃ / 森のすみか / 子ネズミチヨロの冒険 / サッチンのあかいくつ



【連載】第4回『かみさまのベビーシッター』 幸介くん&ボンテン様インタビュー

チョコレート物語

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット