話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

つくえはつくえ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

つくえはつくえ

  • 絵本
作・絵: 五味 太郎
出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,200 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 2018年05月21日
ISBN: 9784033328409

3歳から
23cm×23cm/32ページ

みどころ

「なんだか つくえ せまい きがする」

うんうん、机の上には物がぎっしり。確かにこれは狭いみたい。
お父さんもこう言っています。

「きがするんじゃ ない
 せまいのだ」

すると、お父さんが広い机をつくってくれた!
なんだか、すごい広い、気がする。
ちょっと広すぎ…?

あまりにも広いから、誰かがやってきて、机の上で遊びはじめる。
こんな広いところで遊ばない手はないと、どんどん人がやってきて、遊びはじめる。
どんどん、どんどん。
あっちも、こっちも。
なにしろ広いからね。でも…このままいくと…!?

結局この机は広すぎたの?せますぎたの?
広すぎるって、どういうこと?
せますぎるって…?
わかんなくなってきた頃、結局出てきた結論はこれ。
「つくえはつくえ」
確かにそう。

…え、どういうことかって?
それは読んで考えてみてくださいね。
色んな事を考えるのが楽しくなってくるのが、五味太郎作品なのです。

(磯崎園子  絵本ナビ編集長)

つくえはつくえ

つくえはつくえ

出版社からの紹介

「なんだか つくえ せまい きがする」
「ひろい つくえを つくって やろう!」
お父さんが作ってくれたつくえは、とても広い気がするつくえでした。たしかに広い。ちょっと広すぎ……?? なにしろ広いから、なにをしてもだいじょうぶ! でもそのうち……

こんなやばいつくえ、はじめて見たかも! お父さんと子どものかけあいも楽しい絵本。

ベストレビュー

楽しくて、面白い♪

「あぁ〜、五味太郎さんの絵本だあ〜」と、久しぶりだったので、ちょっと嬉しくて図書館から借りてきました。親子の会話も面白くて、とにかく楽しくて、面白い絵本でした。狭い机から、ドテカイ机をお父さんが造ってくれましたが、遊ぶにはちょうどよかったのですが、息子が机から落ちたので、お父さんが今度はちょうどよい大きさの机を作ってました。とても素敵なお父さんでした。勉強も頑張れそうですね。
(押し寿司さん 60代・じいじ・ばあば )

思考と創作の秘密を詰め込んだ永久保存版。『五味太郎絵本図録』五味太郎さんインタビュー

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。

五味 太郎さんのその他の作品

そらとぶガムガム / The Goldfish Got Away / 特別版 らくがき絵本 えんぴつ付セット / とりあえずまちましょう / 紙芝居 いっぱい ついてる! / とりあえずありがとう



ずっと変わらない瞳…小鳥と少女の心の交流を描いた感動作

つくえはつくえ

みんなの声(4人)

絵本の評価(4.2

その他の方の声 1人

その他の方の声一覧へ

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット