しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。
自宅でも、おでかけ中でも。名作絵本ムービー見放題♪ 【プレミアムサービス】
せんそうをはしりぬけた『かば』でんしゃ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

せんそうをはしりぬけた『かば』でんしゃ

  • 絵本
作・絵: 間瀬 なおかた
出版社: ひさかたチャイルド ひさかたチャイルドの特集ページがあります!

本体価格: ¥1,400 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「せんそうをはしりぬけた『かば』でんしゃ」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • 後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 2018年06月11日
ISBN: 9784865491401

4、5歳から
25×22p  33頁

出版社からの紹介

『かば』電車は、東海道線の特急列車としてたくさんの乗客を運んでいました。
しかし、1937年に日本は戦争に突入。やがて兵隊や兵器を運ぶようになります。
戦争が続くなか、『かば』電車は砲火をあび、被弾。やがて終戦。平和と希望をとりもどした時代、『かば』電車はまた走り出します。そして今…

せんそうをはしりぬけた『かば』でんしゃ

ベストレビュー

電車の目線で描かれる戦争体験

『かば』でんしゃの回想という形でお話が進んでいきます。

デビュー当時の幸せだった時間から始まり、
戦争という暗く辛い時代を乗り越え、
また、幸せな時間へ・・・

電車という目線で描かれているので、
戦争体験も怖くなり過ぎず、
けれどどんなに悲惨で恐ろしく、辛いものであったかというのが伝わってきます。

戦争体験を含めつつ、時間の流れを感じさせ、
またほっと安心出来る、幸せな時代のシーンもあるので、
子供に戦争に関するお話を読みたい時に、
かなり良いのではないかと思いました。
(hime59153さん 40代・ママ 男の子6歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


間瀬 なおかたさんのその他の作品

ぐるぐるまわろう ぐるぐるでんしゃ / にじいろでんしゃ はっしゃしまーす! / にんじゃはなまる / しんかんせんでいこう 日本列島 北から南へ / うみやまてつどう ふしぎなえかきさん / はしれ!きかんしゃまめでん



【えほんdeみらい】高原かずきさん 永井みさえさん インタビュー

せんそうをはしりぬけた『かば』でんしゃ

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット