新刊
すきなこと にがてなこと

すきなこと にがてなこと(くもん出版)

「すき」と「にがて」でつながる世界を描く絵本。

  • 泣ける
  • 学べる
せんそうをはしりぬけた『かば』でんしゃ

せんそうをはしりぬけた『かば』でんしゃ

  • 絵本
作・絵: 間瀬 なおかた
出版社: ひさかたチャイルド ひさかたチャイルドの特集ページがあります!

本体価格: ¥1,400 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「せんそうをはしりぬけた『かば』でんしゃ」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

中面を見る

作品情報

発行日: 2018年06月11日
ISBN: 9784865491401

4、5歳から
25×22p  33頁

この作品が含まれるテーマ

みどころ

みなさんは「かば」という電気機関車を知っていますか?
正式な名前は「EF551(イーエフ・ゴジュウゴ・イチ)」。
顔がかばに似ているから「かば」と呼ばれていたんですって。
確かにインパクトのある顔です!

今は埼玉県にある「鉄道博物館」に展示されているのですが、よく見ると運転先の天井には銃弾に打たれた大きな穴があります。そこにはこの機関車が辿ってきた様々な運命の軌跡が残っているのです。何か伝えたいことがあるのでしょうか。その物語を「かば」本人の口から聞いてみることにしましよう。

わたし「EF551」は1936年3月に生まれ、特急列車として東海道線の東京と沼津の間を沢山のお客さんを乗せて走っていました。この愛嬌のある顔は子どもたちの間でもたちまち大人気になりました。ところが1年も経つと、日本は戦争を始めたのです。戦争はどんどん激しくなり、やがてわたしは兵隊や兵器のみを運ぶようになり、さらに敵の飛行機が人々の移動手段である列車を集中的に攻撃し…。

鉄道を愛し、たくさんの鉄道絵本を描き続けている間瀬なおたかさんが「EF551」に耳を澄ますような気持ちで創作されたこの絵本。読めば時代に翻弄されながらも仕事を全うするその存在感の強さに心を惹かれていくのを感じます。

子どもたちと一緒に、何が起こっているのかを考えながら味わってもらいたい1冊です。

(磯崎園子  絵本ナビ編集長)

せんそうをはしりぬけた『かば』でんしゃ

出版社からの紹介

『かば』電車は、東海道線の特急列車としてたくさんの乗客を運んでいました。
しかし、1937年に日本は戦争に突入。やがて兵隊や兵器を運ぶようになります。
戦争が続くなか、『かば』電車は砲火をあび、被弾。やがて終戦。平和と希望をとりもどした時代、『かば』電車はまた走り出します。そして今…

ベストレビュー

忘れない、EF551!

動物のカバと電車が好き、そんな理由で息子が気になったこの絵本。息子が初めて戦争にふれる絵本となりました。
これまでいろいろな機関車、電車、新幹線の本を読んできましたが、それらとは違う複雑な表情で最後まで読み、彼なりに考えさせられていました。
珍しいフォルムと、愛されてきたEF551のことを絵本を通して知ることができ、更にさいたま市の鉄道博物館に今も展示されているとあって、とても嬉しいです。
間瀬なおかたさんが、ほかの鉄道の本も取り上げていらっしゃり、全部読みたくなりました。
また、数ある機関車の中からEF551を取り上げてくださったのに感謝です!
(イヨイヨさん 30代・ママ 男の子4歳、女の子2歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • なまえのないねこ
    なまえのないねこの試し読みができます!
    なまえのないねこ
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    ぼくは ねこ。なまえのない ねこ。ひとりぼっちの猫が最後にみつけた「ほんとうに欲しかったもの」とは…

間瀬 なおかたさんのその他の作品

のりものいっぱい!どこにいくの? / ぐるぐるまわろう ぐるぐるでんしゃ / にじいろでんしゃ はっしゃしまーす! / にんじゃはなまる / しんかんせんでいこう 日本列島 北から南へ / うみやまてつどう ふしぎなえかきさん


絵本ナビホーム > 児童 > 絵本 > 日本文学、小説・物語 > せんそうをはしりぬけた『かば』でんしゃ

出版社イチオシの絵本・児童書を読んでみよう!レビュー大募集

せんそうをはしりぬけた『かば』でんしゃ

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.5

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット