新刊
にんじゃじゃ!

にんじゃじゃ!(文溪堂)

2021年、家族みんなで、笑いませんか?

  • 笑える
  • 盛り上がる
  • 全ページ
  • ためしよみ
新刊
ハナペタン

ハナペタン(フレーベル館)

悪い事をするとやってくるというハナペタン…、果たして、敵か?味方か!?

  • 笑える
  • びっくり
クニマスは生きていた!

クニマスは生きていた!

  • 児童書
著: 池田 まき子
出版社: 汐文社

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥1,650

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2017年11月
ISBN: 9784811324234

小学校高学年から
四六判/164ページ

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

田沢湖にはかつてクニマスという魚がいましたが、治水事業の影響で絶滅してしまいます。最後のクニマス漁師・久兵衛さんは絶望に打ちひしがれますが、あるとき卵が全国各地の湖に移植されていたことを知り......。

ベストレビュー

クニマスふたたび

クニマスという魚はよく知りませんでした・・が、
何年か前、さかなクンがかかわって、絶滅したはずの魚が実は生きていたというニュースがあったことは、記憶している人も多いかも・・。

もともとは田沢湖にいた固有種「クニマス」
ダム建設にあたり、酸性の強い「毒水」を田沢湖に引き込んだことにより、クニマスは絶滅します。
でもクニマスは生きていました!!

クニマスとともに生き、クニマスへの深い愛情を持った人たちによる、
何世代にもわたるクニマス再生のドラマは
本当に感動します。
発見の過程というより
この世代を超えたドラマ部分にスポットを当てたものが本書なのでしょう。
クニマス再発見の過程に興味のある方は
別の本をあたられることをお勧めします。
(やこちんさん 50代・ママ 女の子14歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


池田 まき子さんのその他の作品

なまはげ / 自由への道 / 森がささやいている 木工家が見つめる木の命 / 木の声が聞こえますか / 紙芝居 ふたりはなかよし


絵本ナビホーム > 児童 > 単行本 > 日本文学、小説・物語 > クニマスは生きていた!

4月の新刊&オススメ絵本情報

クニマスは生きていた!

みんなの声(2人)

絵本の評価(3

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット