話題
しばわんこの和の行事えほん

しばわんこの和の行事えほん(白泉社)

お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

  • 全ページ
  • ためしよみ
わたしがいどんだ戦い1939年

わたしがいどんだ戦い1939年

  • 児童書
作: キンバリー・ブルベイカー・ブラッドリー
訳: 大作道子
出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!

在庫あり

原則月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥1,760

絵本ナビ在庫 残り1

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2017年08月
ISBN: 9784566024540

四六判/376ページ

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

1939年。第二次世界大戦さなかのロンドン。足の悪いエイダは、けんめいに歩く練習をしていた。歩けさえすれば弟といっしょに疎開できる!――自分らしく生きるために戦う少女と、彼女をあたたかく包む村の人たちを描く。2016年ニューベリー賞次点作。

ベストレビュー

自分を変えていく力

親子関係がむずかしいのは、それが切っても切れないものだからだ。

絆の意味の中に「ほだし」という動物をつなぎとめる綱という意味がある。主人公のエイダと母の関係は、人間の親子というよりは、飼育されている動物との関係に近かったのでは?と思ってしまうほどだった。

束縛と従属、内反足であることを理由に、行動を抑制されなんの治療も受けないまま生活をする。排泄はバケツの中。そんな生活はは人間としての尊厳を奪ってしまうだろう。

エイダは疎開列車で現在の生活から脱出を図るのだ。虐待を受けてきた子どもが普通の生活を獲得するのは並大抵ではないことをこの話は教えてくれる。

無知や迷信がまだまだ残る時代、そして戦争が生活を脅かしていく時代に、たくましく自分を変えていこうとする少女の姿に勇気をもらった気がした。

エイダを見守るスミスさんや村の大人たちの関わりもいい。
(はなびやさん 50代・ママ 男の子16歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


キンバリー・ブルベイカー・ブラッドリーさんのその他の作品

わたしがいどんだ戦い 1940年 / エネルギーってなんだろう

大作 道子さんのその他の作品

ポプラキミノベル トム・ソーヤーの冒険 / 色どろぼうをさがして / 博学王 13 1/2のビックリ大図鑑 / プケコの日記 / ハンター / 帰ろう、シャドラック!


絵本ナビホーム > 児童 > 単行本 > 外国文学小説 > わたしがいどんだ戦い1939年

「はじめての」シリーズ累計発行100万部突破記念 てづかあけみさんインタビュー

わたしがいどんだ戦い1939年

みんなの声(2人)

絵本の評価(4

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット