話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

季節
お正月が やってくる

お正月が やってくる(ポプラ社)

お正月かざりを売るなおこさん一家の年末年始をとおして、人びとの暮らしに息づくお正月を迎えるよろこびを描いた絵本。

  • かわいい
  • 学べる
なくのかな

なくのかな

  • 絵本
作: 内田 麟太郎
絵: 大島 妙子
出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,300 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

中面を見る

作品情報

発行日: 2018年04月15日
ISBN: 9784494016280

判型:B5変型判/サイズ:20.7×22.2cm

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

「おとうさんとおかあさんにはぐれて、ぼくはこらえていたけれど……。しらないどこかでひとりぼっちになったら……。」お出かけの途中、商店街の人混みの中で、お母さんとお父さんにはぐれて、「ぼく」は迷子になってしまった。泣くのをぐっとこらえている「ぼく」の気持ちを丁寧に描きます。はじめて迷子になった日の絵本。

ベストレビュー

娘が走り出した時には、慌てて追いかけました・・・・・

娘が旅先で、自分が迷子になったと思い、走り出した時には、び

っくりして慌てて追いかけたのですが、娘の速さに必死で走った

経験は今でも鮮明に覚えています。

娘は自分が迷子になって、先に行かれたと思ったようです。

でも、泣いていなかったけれど、不安だったと思いました。

もう小学校だったけれど、そのときの娘の気持ちを今さらですが

思いました。この男の子には、想像力が豊かで頭で考える子

だなあと思いました。大島妙子さんの不安な気持ちが絵に表現

されてました。
(押し寿司さん 60代・じいじ・ばあば )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。

内田 麟太郎さんのその他の作品

大どろぼうジャム・パン のらねこギンジロウ / 紙芝居 よわむしさんぺい おばけたいじ / へんかしら そうかしら / なまこのぽんぽん / たまたま たまご / 大どろぼう ジャム・パン すてねこマリリン

大島 妙子さんのその他の作品

はなやのおばさん / すっとびこぞう! 〜おばけかいどう おつかいどうちゅう〜 / きんぴらきょうだい / しらゆきちりか ちっちゃいな / 紙芝居 おばけいぬの おハナちゃん / オニのサラリーマン じごくの盆やすみ



今月の新刊&オススメ絵本情報

なくのかな

みんなの声(4人)

絵本の評価(4

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット