もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
絵本選びに迷いのあるママへ 定期購読サービス「絵本クラブ」 がお手伝いします。 詳しくはこちら>>>
どすこい!おすもうプログラミング
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

どすこい!おすもうプログラミング

著: 入江誠二
イラスト: くにともゆかり
出版社: 玄光社

本体価格: ¥1,800 +税

「どすこい!おすもうプログラミング」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2018年04月
ISBN: 9784768309599

B5判 192ページ

出版社からの紹介

1問1答でかならずわかる!

2020年から小学校ではプログラミング教育が必修になり、保護者や教師の間で関心が高まっています。
現在、子ども向けのプログラミングツールとして注目されているのが、Webブラウザから無料で利用できる「Scratch」(スクラッチ)です。
パズルやゲームのようなプログラムを作ることができ、インターネット上でプログラムを公開したり、友達と遊ぶこともできます。
Scratchを利用した子ども向けプログラミング本はすでに何冊か登場していますが、本書は1問1答の学習ドリル形式で、小学生でも必ずわかる内容になっています。
また、子供が親しみやすいカワイイおすもうさんのキャラクターを用意して、入門→幕下→十両→幕内→三役→横綱と徐々に問題のレベルを上げていき、めざせ横綱!と、子どもの学ぶ意欲をかきたてる構成となっています。

ベストレビュー

一問一答ドリル形式!

「プロブラミング」が小学校の授業でも始まる予定という現代。
「スクラッチ」はそのツールとして活用していなと我が家も思っています。
プログラミングの本を探すにあたり,いくつか見てきましたが,こちらは一問一答になっているドリル形式の本です。
新鮮に感じました〜こういうカタチもいいですね!
わかっているかどうかも知れそうな面でもいいですね。
(まゆみんみんさん 40代・ママ 女の子8歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ




『焼けあとのちかい』<br>半藤一利さん 塚本やすしさんインタビュー

どすこい!おすもうプログラミング

みんなの声(1人)

絵本の評価(4

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット