新刊
博物館の少女 怪異研究事始め

博物館の少女 怪異研究事始め(偕成社)

富安陽子が描く明治時代×あやかしミステリー!

  • ためしよみ
話題
PUI PUI モルカー かるた

PUI PUI モルカー かるた(フレーベル館)

『PUI PUI モルカー』の名場面がかるたに! みんないっしょにモルあがれ!

  • 笑える
  • 盛り上がる
このねこ、うちのねこ!

このねこ、うちのねこ!

  • 絵本
作: ヴァージニア・カール
訳: こだま ともこ
絵: ヴァージニア・カール
出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!

在庫あり

原則月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥1,650

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

絵本ナビ在庫 残り1

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

中面を見る

作品情報

発行日: 2018年04月30日
ISBN: 9784198646127

5歳から
19p・32ページ

この作品が含まれるテーマ

みどころ

緑の広場に面して、家が7軒だけ並んだ、ちいさな村にやってきた、白いねこ。
すっかりくたびれておなかがすいていたねこは、7軒それぞれの家で、ちがう名前をつけてもらいます。

最初に出てきた女の人からは「メリンダ」と呼ばれ、次の家では絵筆をもった男の子に「ミランダ」。
そして古いりんごの木がある家では男の人に「ベリンダ」と呼ばれ、スープをくれた2人の女の子からは「カサンドラ」……。
まだまだ名前は増えていきます。
「メリンダ・ミランダ・ベリンダ・カサンドラ……!」
続けて呼ぶと頭がこんがらがりそうですが、ちゃんと白いねこは、7軒みんなの家のねこになって、ちいさな村に住み着き、居心地よく暮らすようになりました。

ところがある日、“どの家でもねこを飼わなくてはいけない”と法律ができて、男たちが村へしらべにやってきました。
この男たちは役人で、1軒ずつまわって、本当に飼っているか調べるというのです。
1ぴきのねこを、7ひきいるように見せられる!?
みんなは顔を見あわせて相談をはじめますが……。

赤色と、緑色でおしゃれに描かれた、ユーモアたっぷりの外国の絵本。
作者のヴァージニア・カールは、1919年アメリカのウィスコンシン州で生まれ、図書館員としてヨーロッパのあちこちを旅し、その後絵本作家となった女性。
シンプルでかわいらしいイラストとユーモラスな物語で人気を博します。
本書は1979年にアメリカで出版された絵本の待望の邦訳です。

「白いねこに模様を描いていく」といういかにも子どもが好きそうな方法で、物語は展開し、その色柄がまたお楽しみのポイント。
模様が増えていくねこが、最後まで役人たちの目をごまかせたのかどうか気になります。
村の子どもたちの、機転の効いた連携プレーも楽しい!
繰り返しの要素や、ちいさな村でくりひろげられるドタバタぶりなど、読み聞かせにぴったりの楽しいおはなしです。
ぜひじっくり手にとって読んでみてくださいね。

(大和田佳世  絵本ナビライター)

出版社からの紹介

小さな白いねこが、家が7けんある、小さな村にやってきました。ねこは、1けん目の家でメリンダ、2けん目でミランダというように、7けん全部でちがう名前をつけてもらい、かわいがってもらうようになりました。ところがある日、国じゅうのねずみがふえすぎて、どこの家もねこをかわなければならないという法律ができて…? シンプルな線が魅力的なイラストと、ユーモラスな話がマッチした楽しい絵本です。

ベストレビュー

みんなに愛されるこのねこ

ぱっと見、クリスマスの絵本?と見間違うような色使いの絵本です。中身はクリスマスには全然関係ありません。
一匹のねこを、村のみんなが私のねこ、と可愛がる、なんとも愛されるねこのお話です。途中、国のお役人がやってきて村とねこはドタバタしますが、最後はやっぱり愛されるねこのお話、でした。
(ままmamaママさん 30代・ママ 女の子9歳、女の子5歳、男の子3歳、女の子0歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • なまえのないねこ
    なまえのないねこの試し読みができます!
    なまえのないねこ
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    ぼくは ねこ。なまえのない ねこ。ひとりぼっちの猫が最後にみつけた「ほんとうに欲しかったもの」とは…

ヴァージニア・カールさんのその他の作品

公爵夫人のふわふわケーキ

こだま ともこさんのその他の作品

石ころのスープ / クロのあたらしいうち / ぼくはおじいちゃんと戦争した / きみのいた森で / ウサギとぼくのこまった毎日 / 111本の木


絵本ナビホーム > 児童 > 絵本 > 外国文学小説 > このねこ、うちのねこ!

2022年1月の新刊&おすすめ絵本

このねこ、うちのねこ!

みんなの声(3人)

絵本の評価(4

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット