新刊
ぐるぐるうごく しましまぐるぐる

ぐるぐるうごく しましまぐるぐる(学研)

赤ちゃんはうごくものが好き!累計250万突破の大人気シリーズから待望の新刊登場!

  • かわいい
  • ギフト
新刊
新装版 スノーマン

新装版 スノーマン(評論社)

名作『ゆきだるま』が装いをあらたに!

  • かわいい
  • ギフト
せかいでさいしょのポテトチップス

せかいでさいしょのポテトチップス

  • 絵本
文: アン・ルノー
絵: フェリシタ・サラ
訳: 千葉 茂樹
出版社: BL出版 BL出版の特集ページがあります!

税込価格: ¥1,650

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

【重要】取り寄せのお届け日について
  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2018年05月01日
ISBN: 9784776408291

小学校1年生くらいから
260×235×8


バナーをクリックすると、BL出版のおすすめ絵本がご覧いただけます

関連するスペシャルコンテンツ


3冊まで投票できる!えほん祭り開催中

みどころ

料理とイタズラがだいすきな、ジョージ・クラムさん。
そんな彼のレストランは、いつもお客さんでいっぱい。
メニュー名はイタズラっ気たっぷりで、変だけど……
みんな、クラムさんの料理が大好きでした!

そんなある日、「こだわり屋」を自称するお客さんがご来店。
彼の注文はポテト“だけ”。

クラムさん、腕によりをかけてポテトを料理しますが……
なんと、お客さんはお皿をつきかえしました。

「ぼくのポテトには、だれだって夢中になるのに。ホクホクで、最高なのに!」

そして、「こだわり屋」のお客さんと、「イタズラ好き」の料理人との対決が、はじまるのです。

みんな大好きポテトチップス、その誕生の秘密にせまった絵本!

実在の人物ジョージ・クラムと、世界最初のポテトチップス「サラトガ・チップス」にまつわるエピソードに脚色をくわえた本作ですが、史実を元に描いたのにどこか寓話的な味わいのある、ふしぎな作品です。

巻末には、この物語の背景になった史実とポテトチップスの由来が記されていて、それもたいへん興味深いところ。

なによりこれを読んだなら、ポテトチップスが食べたくなることうけあい。
「こだわり屋」さんの見事な食いっぷりに目はくぎづけです!
山盛りポテトチップスで彩られた、おいしい結末をぜひ読んでみてください。

(堀井拓馬  小説家)

出版社からの紹介

クラムさんのレストランはいつもお客さんで大繁盛。
ある日、ひとりの紳士がやってきてポテトを注文しますが、
そのお客さんは、ぶあつすぎる、といって何度もつきかえされてしまいます。
ユーモア好きなクラムさんが、困ったあげくに
とった方法は……。

アメリカの実話をもとにした、ポテトチップス誕生のものがたり。

せかいでさいしょのポテトチップス

せかいでさいしょのポテトチップス

ベストレビュー

ポテトチップスの由来

8歳次女に借りてきました。とても人気でやっと図書館で借りることができました。

ポテトチップスができるまでに、こんなことがあったとは!コックさんがそれを狙って作ったわけじゃなかったんです。いろいろと諸説あるようですが、これたらポテトチップスを食べるときに、思い出しながら食べちゃいそうです(笑)
(きーちゃんママさん 30代・ママ 女の子10歳、女の子8歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


フェリシタ・サラさんのその他の作品

ドラゴンのお医者さん ジョーン・プロクター は虫類を愛した女性 / あるけ!ねがいをこめて 子どもたちの権利のためにたたかった女性 マザー・ジョーンズ / 怪物があらわれた夜 〜『フランケンシュタイン』が生まれるまで〜

千葉 茂樹さんのその他の作品

火星は… / パラリンピックは世界をかえる ルートヴィヒ・グットマンの物語 / わたしが鳥になる日 / ジョナスの かさ / ぼくの犬スーザン / いろがみえるのは どうして?


絵本ナビホーム > 児童 > 絵本 > 外国文学、その他 > せかいでさいしょのポテトチップス

10月の注目の新刊&おすすめ 〜ハロウィン〜

せかいでさいしょのポテトチップス

みんなの声(16人)

絵本の評価(4.59

何歳のお子さんに読んだ?

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット