はずかしがりやの しろうさちゃん はずかしがりやの しろうさちゃん  はずかしがりやの しろうさちゃん の試し読みができます!
作・絵: 田島かおり  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
海辺の村のおばあちゃんの家ですごす夏休みのお話。はずかしがりやのこどもの気持ちを、丁寧な絵で描いた絵本。
絵本が毎月届く「ワクワク」をぜひお子様に。 絵本ナビの定期購読「絵本クラブ」 お申し込みはこちらから>>>
いっしょにおいでよ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

いっしょにおいでよ

  • 絵本
文: ホリー・M・マギー
絵: パスカル・ルメートル
訳: なかがわ ちひろ
出版社: 廣済堂あかつき

本体価格: ¥1,500 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「いっしょにおいでよ」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2018年04月
ISBN: 9784908255731

小学校初級〜
40P 23.5×21cm

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

たくさんのひとたちが にらみあって おこっている。
このくにから でていけと、おおごえで どなっている。
せかいのあっちでもこっちでも……。
女の子はテレビのニュースを見ていてこわくなりました。
「こんなのっていやだ。どうしたらいいの?」とおとうさんに聞きました。
すると、「いっしょにおいで」と、おとうさんは女の子を地下鉄の駅に連れて行ったのです。

憎しみあい、傷つけあう人々の姿を見て心を痛める子どもの気持ちを真摯に受け止め、態度で伝えるおとうさんとおかあさん。それが、悲しく固まっていた女の子の心を溶かします。
世界をすてきなところにするために、できることってなんだろう?

どんなちいさなことだって、それで世界も変わるはず。

ベストレビュー

あなたもできる

『COME WITH ME』が原題。
表題は、直訳ですが、意訳すると、一緒に考えよう、でしょうか。
女の子の見聞を描きます。
女の子は、ニュースで戦いの様子を見て、怖くなり、両親にどうしたらいいか尋ねるのです。
すると、両親はそれぞれ、「いっしょにおいで」と、あちこち連れて行ってくれるのです。
それは、地下鉄の駅や、マーケットに連れて行ってくれ、
多種な人々の姿や、世界の食べ物を体感するのですね。
後半は、女の子一人で(!)の体験行。
そう、この小さな行動が、メインテーマです。
あなたもきっとなにかができる。
その力強い言葉が、心に響くと思います。
小学生くらいから、感じてほしいと思います。
(レイラさん 50代・ママ )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


パスカル・ルメートルさんのその他の作品

どんなときも きみを

なかがわ ちひろさんのその他の作品

きょうりゅうたちのおーっとあぶない / きょうりゅうたちもペットをかいたい / ひみつのビクビク / 物語 たくさんのお月さま / きみがいま / イギリス・スコットランドのむかしばなし ノロウェイの黒牛


絵本ナビホーム > 児童 > 絵本 > 外国文学小説 > いっしょにおいでよ

ワクワクドキドキのつちのしたツアーにでかけよう

いっしょにおいでよ

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット