アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵 アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵 アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵の試し読みができます!
作: アレクサンドラ・ミジェリンスカ ダニエル・ミジェリンスキ 編: 徳間書店児童書編集部  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
絵本選びに迷いのあるママへ 定期購読サービス「絵本クラブ」 がお手伝いします。 詳しくはこちら>>>
紙芝居 かわださん
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

紙芝居 かわださん

著: 谷川 俊太郎
出版社: 雲母書房

ベストレビュー

アンコールを頂きました。

谷川俊太郎さんが脚本を手掛けた積み上げ話になっている、珍しい紙芝居です。
デイサービスのお話会でやってきました。
この紙芝居を始めて手にした時、全ての紙の後ろが白紙になっていて、「えっ!?」と、驚きました。よくみるとストーリーが積み上げ話なので、別にテキストがついていて、それを見ながら演じるという、従来の紙芝居とはちょっと違った作りになっていました。
(ですから、各紙の裏は白紙になっていたのです)
谷川俊太郎さんは「これはのみのぴこ」「これはおひさま」など、これまでにも素晴らしい積み上げ話がたくさんあります。
家で練習してみたら、とても楽しい!これはいける。と、デイサービスのお話会で使ってみました。
やってる方は必死なんですけど、皆さん凄く笑いながら聞いて下さいました。
積み上げ話なので、何度も同じ人を紹介しなくてはいけないし、紹介する人物はどんどん増えていくので、うまく息継ぎできないと、別人のことを言っているようになってしまうので、話すときは、必ずその場面のに登場する人物をしっかり見て確認しながら口に出しました。
「猫の玉三郎」あたりから聞き手の方も、この紙芝居の進み方がわかってくるようで、演じてのこちらが言いよどんだりすると、「うんうん。大丈夫だよ、間違えても」みないな優しいお顔で聞いてくださいました。
最後にまた表紙の“かわださん”に戻ると、皆さんキョトンとされていましたが、「源三郎さんがひそかに思っている」と、口上すると、
あちこちで笑いが起きました。
とても楽しい時間を過ごせました。
今回はデイサービスでやりましたし、この作品は「老人ケアに紙芝居」というシリーズから出ていますが、小学校中学年くらいからでも楽しんで聞けるのではないかと思いました。次回は小学校でもやってみたいです。
(てんぐざるさん 50代・ママ 女の子23歳、女の子18歳)

出版社おすすめ

  • パンダのパンやさん
    パンダのパンやさん
     出版社:金の星社 金の星社の特集ページがあります!
    金の星社 創業100周年記念出版!パンダのパンやさんは大にぎわい。下町の銘店へ、パンの配達にでかける

谷川 俊太郎さんのその他の作品

まるのおうさま / あるくくま / アラマせんせいとげんごろう ことばあそびのたび / 講談社文庫 100万分の1回のねこ / あしながおじさん / ボードブック まるまるまるのほん



カエル親子の陽気な会話で繰り広げられる成長と気づきの物語

紙芝居 かわださん

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット