もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。
絵本のある暮らしをもっと楽しく、もっと便利に、もっとお得に…15の特典が使える 【プレミアムサービス】
地図を広げて
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

地図を広げて

  • 児童書
著: 岩瀬 成子
出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,500 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 2018年06月18日
ISBN: 9784036431809

中学生から
20cm×14cm/246ページ

出版社からの紹介

中学入学前の春、4年前に両親が別れて、父親と2人暮らしの鈴のもとに、母親が倒れたという知らせがとどく。母はそのまま亡くなってしまい、母親のもとにいた弟の圭が、鈴たちといっしょに暮らすことになった。
たがいに離れていた時間のこと、それぞれがもつ母親との思い出。さまざまな思いをかかえて揺れ動く子どもたちの感情をこまやかにとらえ、たがいを思いやりながら、手探りでつくる新しい家族の日々をていねいに描いた感動作。

ベストレビュー

壁がある家族

母親が亡くなり、母親と共に別居していた弟と再び同居生活。
父親も主人公にあたる姉もそして弟も気を使っています。仕方ないことかもしれませんが、壁を感じます。互いにうまくやっていきたいという思いがあるのもわかるのですが、難しいですよねー。他人事ですと気を互いに使いすぎ!って言えてしまいますが、いざ当人だと私もこんな感じになってしまうかも。やっぱり時間が大切な気がします。
(みちんさんさん 30代・ママ 女の子7歳、女の子5歳、女の子1歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


岩瀬 成子さんのその他の作品

講談社文庫 100万分の1回のねこ / ともだちのときちゃん / ちょっとおんぶ / マルの背中 / あまからすっぱい物語 2 おとなの味 / ぼくが弟にしたこと



【連載】10周年でかえってきた! しごとば・取材日記

地図を広げて

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット