アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵 アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵 アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵の試し読みができます!
作: アレクサンドラ・ミジェリンスカ ダニエル・ミジェリンスキ 編: 徳間書店児童書編集部  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
絵本が毎月届く「ワクワク」をぜひお子様に。 絵本ナビの定期購読「絵本クラブ」 お申し込みはこちらから>>>
ほんのにわ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ほんのにわ

  • 絵本
作: みやざき ひろかず
出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!

在庫あり

ゴールデンウィークも配送実施
月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,400 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 2018年06月18日
ISBN: 9784034253601

小学校低学年から
27cm×21cm/32ページ

この作品が含まれるテーマ

みどころ

主人公は庭師のおじさん。
庭師というのは、庭の手入れをしたり、新しい庭をつくったりするのが仕事。
彼は言います。庭をつくるのは、絵を描くのに少し似ている、と。

ある日、彼が本を読んでいると、ぱらりと一枚の写真。
そこに写っているのは、不思議な植物でいっぱいの「ほんのにわ」。
一体ここはどこだろう…。そして一緒に写っているのは、やはり庭師であった父の顔!

それ以来、「ほんのにわ」の事で頭がいっぱいになってしまう庭師。
調べても、考えても、いっこうに見当もつかない。
どこかで見た事あるような懐かしさ、でも思い出せない。
そんな時、ふとしたきっかけで出会うことができた「ほんのにわ」で見たものは…。

同じ仕事を通じて触れ合う父と息子の心。時を超えて、場所を超えて。
でも、いつだってそこにあると感じさせてくれる、子どもの頃に見た夢。
なんだか少し切ないような。
そんな気持ちを、みやざきひろかずさんが、ふんわりと優しく、味わい深く、つつみこんでくれます。

(磯崎園子  絵本ナビ編集長)

ほんのにわ

ほんのにわ

出版社からの紹介

庭を作るのが仕事の庭師のおじさん。あるとき、1枚の写真を見つけます。そこには同じく庭師だったお父さんと不思議な植物でいっぱいの庭が写っていました。それ以来、その庭のことが頭からはなれなくなってしまったおじさんですが……。同じ仕事を持つ父と息子のあいだにながれるおもいをふんわりと描きます。子どもの頃の夢への気持ちがしみこんでくるようによみがえる、じっくりよみこめる絵本。

ベストレビュー

父子をつなぐ絆のような本

題名に惹かれ、みやざきひろかずさんワールドということで、セレクト。
庭師の主人公が、ある日、亡き父の本で、「本の庭」という言葉に出会います。
ずっと気になっていた矢先、偶然、その世界に迷い込むのですね。
それは、父子をつなぐ絆のような本。
夢?
いいえ、ほら、その証拠に、本の中に忘れてきた帽子。
庭の奥深さも体感できると思います。
小学校高学年くらいから大人まで、滋味深いものを感じ取ることができると思います。
(レイラさん 50代・ママ )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • はりきりみかん
    はりきりみかんの試し読みができます!
    はりきりみかん
    作・絵:じゃんぼ かめ 出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    いつも元気なはりきり子どもみかん、こたつの中でたいへんなことに・・・!

みやざき ひろかずさんのその他の作品

パウルのスケッチブック / ドレミファどうぶつコンサート / 紙芝居 せつぶんとおに / 紙芝居 おぼうさんとろくろくび / ゆびさしで こたえを おしえてね ど〜れだ? 英語つき / ワニくんのいえ



祝! 10周年記念! 「ばけたくん」シリーズ<br>岩田明子さんインタビュー

ほんのにわ

みんなの声(4人)

絵本の評価(4.4

パパの声 1人

パパの声一覧へ

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット