宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
自宅でも、おでかけ中でも。名作絵本ムービー見放題♪ 【プレミアムサービス】
ぼくのきもちはね
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ぼくのきもちはね

  • 絵本
作: コリ・ドーフェルド
訳: 石津 ちひろ
出版社: 光村教育図書 光村教育図書の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,400 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2018年02月
ISBN: 9784895722162

幼児から
A4変型判・33ページ

出版社からの紹介

つみきのお城を壊され、落ち込むテイラー。動物たちがなぐさめようとしますが、どれも的外れなものばかり。最後にウサギがやってきて、だまってテイラーの話に耳を傾けると…。子どもの心にやさしく寄りそう絵本。

ベストレビュー

傾聴ということ

素晴らしい積み木のお城を作ったと思ったら、壊されてしまったテイラーくん。
パニックに陥ったテイラーくんを同情して、いろんな友だちが声をかけてくれますが、テイラーくんは言葉を返すことが出来ません。
テイラーくんはどう反応していいか、自分の気持ちが整理出来ないのです。
そんなテイラーくんの心を開いたのはウサギくんでした。
受容と傾聴の絵本です。
時には、先回りせず、じっと子どもが自分で自分を見つけるのを見まもることも必要ですね。
(ヒラP21さん 60代・パパ )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • おいし〜い
    おいし〜いの試し読みができます!
    おいし〜い
    作:石津 ちひろ 絵:くわざわ ゆうこ 出版社:くもん出版 くもん出版の特集ページがあります!
    おいしいものはうれしい! 累計発行部数30万部超えの人気シリーズ第2巻!
  • パンダのパンやさん
    パンダのパンやさんの試し読みができます!
    パンダのパンやさん
     出版社:金の星社 金の星社の特集ページがあります!
    金の星社 創業100周年記念出版!パンダのパンやさんは大にぎわい。下町の銘店へ、パンの配達にでかける

石津 ちひろさんのその他の作品

きょうから ほいくえん / パンダしりとり コアラしりとり / もりのおくのクリスマスツリー / スノーウィとウッディ / カルメラのねがい / にんじんかりかりかじったら



【連載】10周年でかえってきた! しごとば・取材日記 その8

ぼくのきもちはね

みんなの声(1人)

絵本の評価(4

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット