くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から― くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から―
再話: ミナ・ジャバアービン 絵: ユージン・イェルチン 訳: 山口 文生  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
「群盲象を評す」としても知られる物語。3世紀の世界的なペルシャ詩人、ルーミーの詩をもとにしたお話です。
絵本選びに迷いのあるママへ 定期購読サービス「絵本クラブ」 がお手伝いします。 詳しくはこちら>>>
ハワード・カーター
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ハワード・カーター

漫画: 西公平
シナリオ: 黒沢翔
出版社: 集英社 集英社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥900 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • d払い

  • 後払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

出版社からの紹介

ツタンカーメン王の墓を発見した信念の人!
古代エジプトの王、ツタンカーメンの実在をだれも信じていなかったころ、考古学者のハワード・カーターは信念で発掘を続けた。最後の最後に出てきたのが黄金のマスク。謎の王の姿が今あきらかに。

ベストレビュー

発掘の情熱!

4年生の長男が歴史物に興味を持ち始めたので、まずは手軽に漫画で伝記を色々一緒に読んでいます。

今や色々な人物の伝記があるのですね。私が小学生の頃は、かなり限られた種類しかなかったように思います。

貧しい家に生まれ、勤勉な働きぶりからエジプトの考古学の世界に入っていったカーターが、情熱をかけてツタンカーメン王の墓を発見するまでが描かれています。

彼の人生を知るのにも面白いですが、エジプトの王家の谷の発掘史や、当時の列強とエジプトとの関係、考古学者としての職業倫理など、考えさせられるテーマが色々と含まれています。
(さみはさみさん 40代・ママ 男の子10歳、男の子5歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。

西公平さんのその他の作品

がばいばあちゃんめざせ甲子園 みらい文庫版

黒沢翔さんのその他の作品

ターシャ・テューダー  / 小惑星探査機はやぶさくんの冒険 7年間の奇跡! / アンナ・パブロワ



日本出版10周年記念! アリスン・マギーさんインタビュー

ハワード・カーター

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5




全ページためしよみ
年齢別絵本セット