話題
しばわんこの和の行事えほん

しばわんこの和の行事えほん(白泉社)

お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

  • 全ページ
話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

金のにわとり

金のにわとり

文: アレクサンドル・セルゲーエヴィチ・プーシ
出版社: 創風社

本体価格: ¥1,400 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「金のにわとり」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 1990年04月
ISBN: 9784915659331

ベストレビュー

横暴な王の姿。

このお話について邦訳者の斎藤公子さんが後書きをお書きになっているので、ぜひ、そこまで読んでいただきたいなと思いました。

プーシキンといえば、代表作は「きんいろのさかな」でしょう。日本でも絵本や紙芝居、昔話の語りとして聞いたことのある人は多いと思います。
このおはなしのタイトルにも“金の”がついたにわとりですね。
この色に関しても何か理由がるかもしれません。

大雑把に言うと、とても横暴な王様が納める国のお話しでした。
自分の息子が死んでいる横で、美しい女のとりこになるなんて、人間としてどうよ!と、読んでいてむかむかしました。

絵はゾートフなので、1ページ1ページ、帝国時代のロシアの世界を満喫できます。
プーシキンが生きた時代の、ロシア帝国の王のあり方が見えてくる物語なのかなと、思いました。

読み聞かせに使うにはちょっと考えてしまいますが、ロシアの絵本を紹介する機会があったら、ぜひこの本も子どもたちに紹介してみたいです。
(紹介するなら小学校高学年以上)
(てんぐざるさん 50代・ママ 女の子22歳、女の子17歳)

出版社おすすめ

  • おおかみのはなし
    おおかみのはなしの試し読みができます!
    おおかみのはなし
     出版社:瑞雲舎 瑞雲舎の特集ページがあります!
    ことば遊び絵本『はやくちこぶた』の三びきのこぶたとおおかみが繰り広げる楽しいお話


絵本ナビホーム > 児童 > 絵本 > 絵画・彫刻 > 金のにわとり

【連載】児童文学作家 廣嶋玲子のふしぎな世界

金のにわとり

みんなの声(1人)

絵本の評価(4

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット