もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
小学生からの【読みもの】もあります。楽しく読書習慣を。 絵本ナビの「絵本クラブ」がお手伝いします。>>>
サッカク探偵団 2 おばけ坂の神かくし
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

サッカク探偵団 2 おばけ坂の神かくし

  • 児童書
作: 藤江 じゅん
絵: ヨシタケシンスケ
出版社: KADOKAWA KADOKAWAの特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥850 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • 無料ラッピングキャンペーン実施中!!

内容紹介

カケルのクラスに転校してきた本間くんは、天才として騒がれる有名バイオリニスト。その彼がコンサート会場から消えてしまう事件が起きて…。おもしろくって、ためになる、大人気のサッカク探偵団、第2弾。

ベストレビュー

エイムズの部屋と坂道錯覚の謎を解け!

シリーズものって、基本2作目はちょっと惰性てきな作品が多いですが、このシリーズは1作目より脂がのって面白くなった気がします。
転校生の天才バイオリニスト(小4)の本間音也君が登場します。
もちろんカケルをはじめとする、もともとのメンバーもしっかり「サッカク探偵団」として登場します。
1作目の感想には書きませんでしたが、近所に住んでいて何かを研究しているらしい二の谷さんとその飼い犬のポンズがこの「サッカク探偵団」の子どもたちをフォローするのですが、子どもたちとの距離感・関わり方がとてもいいなと思いました。こういう大人でありたいです。

「サッカク探偵団」のメンバーで空手教室に通っている元気な女の子ユズカのお父さんは警部さんで、彼らがかかわる事件によく呼ばれていますが、子どもたちからみても、事件の被害者たちからみても頼れる人という感じで好感が持てます。

もちろん、テーマの「錯覚」の謎が今回も事件に関わってきて、錯覚の面白さも十二分に楽しめました。

今回は「エイムズの部屋」と「坂道錯覚」が出てきます。
作者の、その錯覚の説明の仕方もとてもよく、理科的なことが苦手な私でも、よく理解できました。
内容が濃いのに、本は分厚くなく、テンポよく読みやすいです。
(てんぐざるさん 50代・ママ 女の子22歳、女の子17歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


藤江 じゅんさんのその他の作品

からくり探偵団茶運び人形の秘密 / サッカク探偵団 3 なぞの影ぼうし / サッカク探偵団 / オバケたんてい / タイムチケット

ヨシタケシンスケさんのその他の作品

ものは言いよう / わたしのわごむはわたさない / チャペック ショートセレクション 五つのパン / ころべばいいのに / もくもくをつかまえた / 思わず考えちゃう



【連載】10周年でかえってきた! しごとば・取材日記 その5

サッカク探偵団 2 おばけ坂の神かくし

みんなの声(1人)

絵本の評価(4

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット