いっしょにあそぼ しましまぐるぐる いっしょにあそぼ しましまぐるぐる
絵: かしわら あきお  出版社: 学研 学研の特集ページがあります!
「泣きやんだ!」「喜んでる!」 ママパパも大喜び! シリーズ累計185万部の大人気ロングセラー赤ちゃん絵本
【本好きな子になってほしい!】と思うママへ。 絵本を毎月お届けします.。まずはチェック。 >>>
サッカク探偵団 3 なぞの影ぼうし
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

サッカク探偵団 3 なぞの影ぼうし

文: 藤江 じゅん
絵: ヨシタケシンスケ
出版社: 株式会社KADOKAWA メディアファクトリー

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥850 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

内容紹介

影絵のイベントで、大学生の奈美らと仲良くなったカケルたち。だが、インチキ商法の事件に巻き込まれて…。大人気のサッカク探偵団、第3弾。今回のサッカクは、「光と影」。

ベストレビュー

今度は影絵のイベントで事件発生

小学4年生の主人公カケルとその仲間は「サッカク探偵団」結成しています。
今回使われている錯覚は「シェパードの錯視」(近くのものは大きく、遠くのものは小さく見えるはずだとみてしまう脳が見せる錯覚)や、
「きらめき格子錯覚」・「ヘルマンの格子錯覚」(白いところに黒い点が見える不思議な錯覚)など、
また、カケルのお母さんの仕事上の問題をうまく使った「オオウチ錯視」・「ログビネンコ錯視」もあります。
それぞれ絵図付きで説明が載っているので、
読み手が実際その「錯覚」「錯視」を体験できるようになっています。
(これは読みながら実際その図を見てやってみるとさらに面白いんです)

毎回のことですが、ストーリーはテンポよく大変読みやすいです。謎解きが好きな子どもたちには特におすすめです。
(てんぐざるさん 50代・ママ 女の子22歳、女の子17歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


藤江 じゅんさんのその他の作品

からくり探偵団茶運び人形の秘密 / サッカク探偵団 2 おばけ坂の神かくし / サッカク探偵団 / オバケたんてい / タイムチケット

ヨシタケシンスケさんのその他の作品

ころべばいいのに / もくもくをつかまえた / 思わず考えちゃう / トイレで読む、トイレのためのトイレ小説 / いいね! / それしか ないわけ ないでしょう



>絵本エイド ―こころにひかりを―

サッカク探偵団 3 なぞの影ぼうし

みんなの声(1人)

絵本の評価(4

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット