しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。
人気絵本をスマートフォン・タブレットで!絵本読み放題サービス♪【プレミアムサービス】
カーネーション・デイ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

カーネーション・デイ

  • 児童書
著: ジョン・デヴィッド・アンダーソン
訳: 久保 陽子
出版社: ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,600 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2018年04月
ISBN: 9784593535316

小学校高学年〜
ページ数:328ページ

みどころ

ビクスビー先生は、変わってる。
ピンクの髪で、あざやかな色のセーターを着ている。
引用が好きで、いろんな格言を知っている。
物語との出会いを演出するため、本をいろんなところに隠す。
そして、小さな勝利も、大きな勝利だと感じさせてくれる。

そんなビクスビー先生が、ガンになった。

空想家の冒険好き、芸術肌のトファー。
博識で理論的、抜群の記憶力を持つスティーブ。
腕っぷしは強いが、どこか影をたたえたブランド。

親友の三人は、みんなビクスビー先生のことが大好きだった。
お別れをいうこともできず、そのうえ先生が遠く離れた家族の元へ帰ることになったと聞いた三人は、とある計画を実行に移す。

先生の「理想的な最後の日」を叶える、という計画を――

数々の媒体で、2016年のもっとも優れた児童書として選出された一冊!

ビクスビー先生に会うため、トファー、スティーブ、ブランドの三人は、学校を抜け出して病院へ向かいます。
しかし、その道中には思いもよらない試練と、出会いが待ち受けていました。
手を取りあってトラブルに立ち向かい、ときに衝突しながらも「理想的な最後の日」のための準備を進める三人。
その中でビクスビー先生との大切な記憶を思い返すうちに、彼らはみずからの苦悩とも向き合うことになります。

子どもであることへのふがいなさ。
おとなへの期待と失望、もどかしさ。
変わっていく自分と、変わっていく友だち。
あわい恋心と、死。

少年たちが、その青春の中で戦うべき敵はたくさんいます。
そんな戦いの中で先生に救われ、背中を押された過去。
そんな先生に報いるため、日常を飛び出し、戦っている現在。
ふたつの時間を三人それぞれの視点から描き、ほんの一日の冒険を通して彼らが成長していく過程を、みずみずしく描き切った珠玉の青春物語です。

(堀井拓馬  小説家)

出版社からの紹介

12歳のトファー、スティーブ、ブランドの担任・ビクスビー先生は、一人ひとりをよく見て、さりげなくアドバイスしてくれる信頼できる先生だ。ところが先生がガンで入院し、突然会えなくなってしまう。どうしても伝えたい事がある3人は、学校をサボってお見舞いに行くことにしたが…病院までの道中で起こるアクシデントやケンカで、それぞれの悩みが見えてくるが…。3人の成長物語

ベストレビュー

忘れられない先生はいますか?

人には、今後の人生を変えるような大きな出会いが必ずある。学校時代に、そんな先生に出会うことができたらとても幸せだ。
 この作品のビクスビー先生と三人の少年との出会いも、幸運な出会いだった。
 あなたにとって、卒業後も思い返す先生はどんな先生だろう?
 私にとっては、学問そのものだけでなく、学びに向かう姿勢や生き方そのもの人生哲学までも伝えてくれた先生だ。
 『カーネーション・デイ』の中で私が一番好きな言葉は「まだはじめてもいないのに負けてしまうことがある。しかし、かまわず挑みつづけよ。何が起きても」。
 3人の少年のうちブランドに、ビグリスー先生が贈った言葉だ。父子家庭のブランドは、事故に遭い動けなくなった父のため、家事全般をこなしている。私が作品中一番心惹かれたのが、この少年だ。
 作品は、少年たちが先生に会いに病院に向かうところから始まる。これから先はぜひ読んでいただきたい。
 もし、今のあなたが忘れ得ぬ先生にまだ出会っていなかったとしたら、ぜひこの本の中でグリスビー先生に出会ってほしい。グリスビー先生は、きっと忘れ得ぬ先生になるに違いない。
 そして、このレビューを読んでいるあなた、あなたが大人だったら、この本を学校図書館にいれるよう尽力してほしい。
 この本との出会いを必要としているすべての子どもたちのために。
(はなびやさん 50代・ママ 男の子17歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。

久保 陽子さんのその他の作品

うちゅうじんは いない!? / ハートウッドホテル(2) ねずみのモナと最高のおくりもの / ハートウッドホテル(1) ねずみのモナと秘密のドア / 明日のランチはきみと / ぼくって かわいそう!



『ぼっちとぽっち くつしたのおはなし』まつばらのりこさん インタビュー

カーネーション・デイ

みんなの声(1人)

絵本の評価(4

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット