新刊
スノーマン クリスマスのお話

スノーマン クリスマスのお話(評論社)

クリスマスならではの「奇跡」をお楽しみください。

  • かわいい
  • ギフト
  • ためしよみ
新刊
紫禁城の秘密のともだち(1) 神獣たちのふしぎな力

紫禁城の秘密のともだち(1) 神獣たちのふしぎな力(偕成社)

中国の紫禁城を舞台にした、女の子と神獣たちのほのぼのファンタジー!

紙芝居 天人のよめさま

紙芝居 天人のよめさま

脚本: 松谷 みよ子
絵: 梅田 俊作
出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!

税込価格: ¥2,530

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

クリスマス配送につきまして

【重要】取り寄せのお届け日について
  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2017年08月
ISBN: 9784494080540

判型:B4判/サイズ:26.5×38.2cm 頁数:12場面

出版社からの紹介

ある日、おひゃくしょうがけし畑をみまわっていると、美しい音色がきこえてきた。よい香りもただよってきて、なんと天人が…。
語りかけるような松谷みよ子の脚本と、美しく幻想的な梅田俊作の絵で、ふしぎな民話の世界が広がります

ベストレビュー

おひゃくしょうさんの出来心

羽衣にも似たお話ですが、やっぱりほろりとしてしまいます。
水浴びならぬけしの花畑に舞い降りた天女さんでした。
羽衣ならぬあやごろもを失って天に帰れない天女さんにしてみれば、とんでもない災難でした。
おひゃくしょうさんにしてみれば、出来心とはいえお嫁を迎えた嬉しさと後ろめたさの板挟み。
隠したあやごろもがボロボロになってしまったことがなにより可哀想でした。
梅田俊作さんの絵がお話を丸くまとめてくれていると思いました。
(ヒラP21さん 60代・パパ )

関連記事

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ



絵本ナビホーム > 児童 > 絵本 > 日本文学、小説・物語 > 紙芝居 天人のよめさま

「プラチナブック」新入り絵本を紹介【ブランニュープラチナブック】

紙芝居 天人のよめさま

みんなの声(1人)

絵本の評価(4

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット