もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。
【在庫限り】ゲットするなら今!絵本キャラグッズ
ひなげしのおうじ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ひなげしのおうじ

  • 絵本
作: エリザベス・イワノフスキー
訳: ふしみ みさを
出版社: 岩波書店 岩波書店の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,000 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2018年03月23日
ISBN: 9784001126686

2・3歳から
A5変 ・ 上製 ・ 28頁

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

ひなげしの王子がこむぎの馬にのって、森へさんぽにでかけます。小川をひらりと飛びこえ、迷子のひばりの子をたすけ、その勇ましいこと。ところが、クモおばさんの巣をつきやぶってしまって、さあたいへん! ユーモアたっぷりに描く冒険のおはなし。戦時中にベルギーで出版された幻の小型絵本が色鮮やかによみがえります。

ベストレビュー

実は、王子には…

『あそぼう!はなのこたち』ですっかり魅せられてしまったので、
こちらも手に取りました。
おお、兵隊さんごっこをしていたヒナゲシが主人公ですね。
家来役のヤグルマギクもいますよ。
散歩に出かけるのですが、ハプニングの連続で、一大冒険の様相です。
森の生き物たちも、生き生きとした造形です。
もちろん、安堵の帰宅ですが、実は、王子には…。
なかなか衝撃的な幕切れでした。
五色ですが、穏やかな色彩と、ワクワクの展開が愉快でした。
幼稚園児くらいからでしょうか。
(レイラさん 50代・ママ )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


エリザベス・イワノフスキーさんのその他の作品

サーカスくまさん / もりのたんじょうびパーティ / あそぼう!はなのこたち

ふしみ みさをさんのその他の作品

アルフィーとせかいのむこうがわ / アルフィーとせかいのむこうがわ / こねことおつきさま / ソフィーのくだものばたけ / ちびちっち / マルラゲットとオオカミ



>絵本エイド ―こころにひかりを―

ひなげしのおうじ

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33




全ページためしよみ
年齢別絵本セット