しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。
絵本のある暮らしをもっと楽しく、もっと便利に、もっとお得に…15の特典が使える 【プレミアムサービス】
心霊スポットへようこそ Aのたたり
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

心霊スポットへようこそ Aのたたり

作: 山口 理
絵: 伊東淳子
出版社: いかだ社

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥900 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

内容紹介

きみをずっと待っていたよ。さあ、いっしょに行こうか、心霊スポットの世界へ…。自分の部屋、ひなびた民宿、キャンプ場、細い路地、映画館など、たたりの押し寄せる心霊スポットの話を9話収録。

ベストレビュー

最初の「A」…かな?

児童向け(ライトノベル的なつくり)の心霊シリーズです。
小学生くらいの頃はこういうちょっとした怖いはなしが大好き。
このシリーズは新聞のコラム程度、本でいうと1羽が大体10ページ程度、イラストも多く、文字を読むのが苦手なお子さんでも気軽に手に取れます。
(ここが売りかな。ここからどんどん本好きになってくれるといいなぁと、思いますが……)

サブタイトルのローマ字が、A・B・C…と、続いて出ているシリーズではないので、特にどこから読んでもダイジョブです。しいていうならこの本が1巻という感じでしょうか。

この巻には
自分の部屋・ひなびた民宿・自分の家・山の避難小屋・キャンプ場・細い路地・林間学校の食堂・自分の背中・映画館の割とオーソドックスな心霊話が10編が入っています。
「山の避難小屋」では、白いコートを着て黒ネコを従えている“みるくさん”という女の人が現れて、このおはなしの主人公の私たちは助かります。
よく考えてみると、ここに収録されている心霊話のほとんどは、主人公たちがとんでもない目に合って終わるのですが、
この“みるくさん”が登場した時だけは助かるんです。
“みるくさん”何者?って感じです。


(てんぐざるさん 50代・ママ 女の子22歳、女の子18歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


山口 理さんのその他の作品

おれんち、動物病院 / 妖怪たぬきポンチキン 最強の妖怪あらわる! / 思いちがいの言葉 / あくまで悪魔のアクマント / 心霊スポットへようこそ Wの笑う声 / 時のむこうに いま、ここにいる

伊東淳子さんのその他の作品

心霊スポットへようこそ Zの手まねき / 心霊スポットへようこそ Dの幽霊船 / 心霊スポットへようこそ / 心霊スポットへようこそ / 超スペシャル版 ひっかけクイズ / 雨の夜の死神 恐怖の放課後


絵本ナビホーム > 児童 > 新書 > 日本文学、小説・物語 > 心霊スポットへようこそ Aのたたり

『ねぇ、ママ? 僕のお願い!』つんく♂さん 初絵本出版記念インタビュー

心霊スポットへようこそ Aのたたり

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット