まほうのさんぽみち まほうのさんぽみち
著: ロビン・ショー 訳: せなあいこ  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。
【本好きな子になってほしい!】と思うママへ。 絵本を毎月お届けします.。まずはチェック。 >>>
おこった月
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

おこった月

  • 絵本
絵: ブレア・レント
訳: はるみ こうへい
再話: ウィリアム・スリーター
出版社: 童話館出版

本体価格: ¥1,500 +税

「おこった月」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

ベストレビュー

こわいお月さま

アメリカ先住民のおはなしというところに惹かれて手に取りました。
ラポウィンザという少女が月を侮蔑したために月にさらわれて、
幼友達のルーパン少年が助け出す、という冒険物語です。
お話としては珍しく、お月さまがとっても怖いです。
矢を空に放ち、それがはしごとなって天へ上るくだりは、
ボリビア・インディオの『太陽と月になった兄弟』とよく似ています。
とてもエキゾチックな画面が続きます。
衣装や家の様子など、そんな世界なら、こんなことも起こりえるのでは、
と思ってしまいました。
むやみに侮蔑の言葉を言うものではない、という教訓でしょうか。
それとも、月の不可思議な存在感が盛り込まれているのでしょうか。
表紙のお月さまだけで、迫力満点です。
私も読む前には少し勇気が要りました。
(レイラさん 40代・ママ 男の子13歳、男の子10歳)

出版社おすすめ


ブレア・レントさんのその他の作品

バーバ・ヤガー / たいようとつきはなぜそらにあるの?

はるみ こうへいさんのその他の作品

わたしのて / 年をとったひきがえる / ちいさいちいさいおばあさん / モーっていったのだあれ?



みやこしあきこさん×シドニー・スミスさん インタビュー

おこった月

みんなの声(10人)

絵本の評価(4.18

何歳のお子さんに読んだ?

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット