いっしょにあそぼ しましまぐるぐる いっしょにあそぼ しましまぐるぐる
絵: かしわら あきお  出版社: 学研 学研の特集ページがあります!
0歳0カ月から!赤ちゃんもママも楽しい「しまぐる」は、プレゼントにピッタリです★
絵本選びに迷いのあるママへ 定期購読サービス「絵本クラブ」 がお手伝いします。 詳しくはこちら>>>
ねるじかん
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ねるじかん

  • 絵本
作: 鈴木 のりたけ
出版社: アリス館 アリス館の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,500 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • 全ページためしよみする
  • ちょっとためしよみする

発行日: 2018年06月
ISBN: 9784752008392

3歳から
25cm×25cm

関連するスペシャルコンテンツ


絵本レビュー大賞2018 対象作品!3000円図書カードのチャンス

みどころ

「さあ ねるじかんですよ」

毎日やってくる夜のこの時間。お部屋を暗くして、同じお布団に入っていても、なんだか様子は全く違う二人がいます。どうにか息子に早く寝て欲しいと思っている母親と、まだまだ遊んでいたくてぱっちり目が開いている息子。この場合、大抵「はやくねなさいよ」と言っている方が先に寝てしまうのです。そうすると……?

「ぐにゅううううう」

あれ、なんかへん!

「もこもこ〜」「うねうね〜」「ねとねと〜」「ぐにゅぐにゅ〜」

何かが始まってる?
壁がゆがんで、溶けだして、窓の外には…さかな!

「はいはい、窓のカーテンもあいてたね」

どうやらお母さんには見えないみたい。そう、男の子だけの「よるのじかん」の始まりです。外にはさかな、ポストが歩き出し、恐竜が迷子になって……ビー玉が空に浮かんでる! いつもの景色の様で、全然違う。なんて綺麗、なんて壮大なのでしょう。どんどん広がる夜の世界、僕だけの時間。だけど…もうなんだか眠くなってきちゃった…。

寝たいような、寝たくないような。夜の世界って怖いような、でものぞいてみたいような。子どもたちに毎日訪れる、そんな曖昧な時間。だけど、子どもたちには逞しい想像力があるのです。昼間に存分に遊べば遊ぶほど、夜の世界が豊かになっていき、すんなりそこへ入っていけるのかもしれません。作者の鈴木のりたけさんは、その圧倒的な画力でユーモラスで不思議で素敵な世界を描き出し、忘れかけていたであろう大人にも見せてくれるのです。(あのおもちゃがこんなところに!時計が…新幹線が…!?)

これは邪魔をしちゃいけませんよね。ああ、こんな夢。いつか見たことあったなあ…ムニャムニャ。さあ、今夜も一緒に絵本を読みながら、先に寝ちゃったのはどっちでしょう。起きたらあなたの「ねるじかん」教えてね。

(磯崎園子  絵本ナビ編集長)

ねるじかん

出版社からの紹介

なかなか寝ようとしない男の子。すると、ドアが曲がって見えたり、窓の外に何かが飛んでいたり、迷子の恐竜がいたり…と不思議なことが次々に起こる。子供たちだけに見える夜の世界を、迫力の絵で想像力豊かに描く。

ベストレビュー

最後まで

子供が寝付くまでの空想のお話ページをめくっていって、最後のページ朝を迎えた町並みがとてもきれいだなーと思ったら、まだ、次のページがあった。そのページがあることで、読み手は、お話の想像をますます膨らませることができるでしょう。そして背表紙にも!最後の最後まで隅々見て楽しいです。
(りひまるさん 40代・ママ 男の子9歳、男の子4歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


鈴木 のりたけさんのその他の作品

やっぱり・しごとば / へんがおたいそう / らくがきボール / カ どこいった? / おでこはめえほん(2) はくぶつかん / おでこはめえほん(1) けっこんしき



絵本レビュー大賞、結果発表です!

ねるじかん

みんなの声(32人)

絵本の評価(4.61

何歳のお子さんに読んだ?

せんせいの声 1人

せんせいの声一覧へ

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット