新刊
ごんぎつね

ごんぎつね(ポプラ社)

いたずらばかりしているきつねのごんは、兵十のたいせつなうなぎを盗んでしまいます。その後、ごんは兵十のために罪のつぐないをするのですが・・・。

話題
しばわんこの和の行事えほん

しばわんこの和の行事えほん(白泉社)

お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

  • 全ページ
  • ためしよみ
昆虫戯画 びっくり雑学事典

昆虫戯画 びっくり雑学事典

文: 丸山 宗利
漫画: じゅえき太郎
出版社: 大泉書店

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,000 +税

クリスマス配送につきまして

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2018年05月
ISBN: 9784278084023

版型:四六判
ページ数:176

内容紹介

トンボだって、カエルだって、アメンボだって波乱万丈、悲喜こもごも!めくるめく昆虫世界へようこそ!

序章 昆虫ってなに?(昆虫は、この星で大成功している生き物です;地球史上、いちばん早く陸地にあがった生き物は、昆虫の祖先です ほか)
第1章 人気虫・強い虫のトホホな一面(アリの巣には、アリ以外の生物が勝手に同居している;なかには、働かない「働きアリ」がいる ほか)
第2章 そこらの虫のおどろきの一面(セミのオスのお腹の中は、がらんどうだ;すぐそばで大砲を鳴らしても、セミはまったくおどろかない ほか)
第3章 嫌われ虫の意外な一面(じつは、オスのカは花の蜜を吸う;ハエ叩きを余裕でかわす飛翔能力は昆虫界一 ほか)
第4章 身近にいるのに知られざる虫(海辺でくらすダンゴムシがいる;大海原でくらすアメンボがいる ほか)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


丸山 宗利さんのその他の作品

驚異の標本箱 −昆虫− / 昆虫のとんでもない世界 282 / NHK子ども科学電話相談 昆虫スペシャル! / 小学館の図鑑NEO まどあけずかん 英語つき むし / どっちが強い!? サシハリアリvsグンタイアリ 凶暴アリ軍団、大バトル / ふしぎないきもの ツノゼミ

じゅえき太郎さんのその他の作品

もしも虫と話せたら / すごい虫ずかん くさむらの むこうには / ゆるふわ昆虫図鑑 タピオカガエルのタピオカ屋 / 正直、仕事のこと考えると憂鬱すぎて眠れない。 リアルすぎる!仕事の悩みあるある図鑑 / すごい虫ずかん ぞうきばやしを のぞいたら


絵本ナビホーム > 児童 > 単行本 > 生物学 > 昆虫戯画 びっくり雑学事典

今年2回目の西日本新聞社オススメ児童書コンテスト開催♪

昆虫戯画 びっくり雑学事典

みんなの声(0人)

絵本の評価(3

  • 5つ星のうち星5つ 0
  • 5つ星のうち星4つ 0
  • 5つ星のうち星3つ 0
  • 5つ星のうち星2つ 0
  • 5つ星のうち星1つ 0
プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット