アニマルバスとわすれもの アニマルバスとわすれもの アニマルバスとわすれものの試し読みができます!
作・絵: こてら しほ  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
見習いパンダバスのファンファンが、ある日見つけたふしぎな忘れ物。届けに行こうとはりきりますが……本当にひとりで大丈夫!?
自宅でも、おでかけ中でも。名作絵本ムービー見放題♪ 【プレミアムサービス】
ながいながい骨の旅
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ながいながい骨の旅

文: 松田 素子
絵: 川上 和生
出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,800 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「ながいながい骨の旅」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

出版社からの紹介

「骨の旅」をたどりなおしていくことは、私たちと、たくさんの生きものたちとのつながりを、みつけなおす旅でもあるのです。

どんなことにも「はじまり」というものがあります。「はじまり」があるから「いま」がある。「遠いところ」や、「はるかな時」のことを考えるのは、「いま」とか「ここ」とか「じぶん」とか、そういうものを知りたいからだと思ってきました。
この絵本は「科学絵本」と呼ばれる分野に入るかと思います。でも、私がほんとうに伝えたかったことは「知識」ではありません。願ったことは、「いま」「じぶん」が「ここ」にいることが、どれほどかけがえのないことなのか、それを感じてほしいということでした。人間同士だけではなく、あらゆる生き物がつながりあっている、その「つながり」に対する感覚や想像力こそが、これから最も大切なことだと思えてなりません。「骨の旅」とは、私たち自身の、そして、私たちとたくさんの生き物たちとのつながりを見つけなおす旅でもあるのです。
(著者コメント)

ベストレビュー

素晴らしい

海の中で生命がうまれ、体が複雑になり、大型化し、骨を持つ物があらわれ、陸へとあがっていった。生活の場を産みから川に変えていく中で、カルシウムを貯蔵しておくためしっかりとした背骨ができていく。その流れはとても自然で、生き物の進化がすっとはいってきます。少しずつ少しずつ、生活の場に合わせて姿形を変えてきて、この世にいるすべての生き物の骨にはその秘密がつまっていると思うと、なんだかとても不思議ですごくて、感動しました。骨の、体を支える、臓器を守る、血を作る。という役割も、よく分かりました。すばらしい絵本だと思います。
(みっとーさん 30代・ママ 男の子8歳、女の子7歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


松田 素子さんのその他の作品

キュリオシティ ぼくは、火星にいる / 対談集 絵本のこと話そうか / ムーミン 愛のことば / エステバンとカブトムシ / オチビサンの ひみつの はらっぱ / わたしは樹だ

川上 和生さんのその他の作品

宮沢賢治の絵本 やまなし / 山のごちそう どんぐりの木


絵本ナビホーム > 児童 > 単行本 > 生物学 > ながいながい骨の旅

あしたがきらいなウールの背中を押してくれた奇跡の夜

ながいながい骨の旅

みんなの声(4人)

絵本の評価(4.6

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット