新刊
魔女からの手紙

魔女からの手紙(ポプラ社)

カスレちゃんという魔女にとどいた20人の魔女からの手紙。著名な画家陣が魔女のイメージで描いた絵に角野栄子が手紙文をつけた注目の絵本。

ロシアのむかしばなし 七人のシメオン

ロシアのむかしばなし 七人のシメオン

  • 絵本
文: 田中友子
絵: 大畑 いくの
出版社: BL出版 BL出版の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,600 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2018年06月01日
ISBN: 9784776408611

3歳から
30×22p 40頁


バナーをクリックすると、BL出版のおすすめ絵本がご覧いただけます

この作品が含まれるテーマ

この作品が含まれるシリーズ

みどころ

本書は「世界のむかしばなし絵本シリーズ」の1冊。ロシアのむかしばなし絵本です。
金髪で白い衣を着た七人の兄弟は、顔も背丈もそっくりで、名前はみなシメオン。
でもそれぞれ、ちがう「わざ」をもっています。

ある日、王さまが兄弟の畑をとおりかかり、七人それぞれがもつという「わざ」に興味をもちます。
一番上のシメオンは、天まで届く鉄の柱をたてられます。
二番目のシメオンは、その柱にのぼって四方の果てまで見渡せます。
三番目は船のり、四番目は弓名人……と、六番目のシメオンまでは、いかにも役に立ちそうなわざの持ち主です。
でも末っ子は歌って踊り、笛を吹くのが得意。
役に立たないと思われましたが、実は末っ子の腕にかかると、みな踊って踊って、自分の意志ではやめることができないくらい踊ってしまうのです。

さて七人のシメオンは、王さまの命令で、海のむこうの島にいる、うつくしいエレーナ姫をたずねることになります。
それぞれのわざを使い、姫を、王さまのもとへ連れて帰ろうとしますが……。

最初から最後まで、大畑いくのさんが描く、幻想的な色彩に魅了される一冊。
あざやかな緑の農地や、青い海。黄金の宮殿、草原、星空……。
一つ一つの場面のうつくしさが、おはなしの世界をいろどります。
意地悪な司令官は、王さまに何度も嘘の告げ口をしますが、最後は七人のシメオンが力をあわせ、それぞれ幸せな結末にたどりつきます。
むかしばなしならではの時空を超えるおはなしの魅力を、存分に味わってくださいね。

(大和田佳世  絵本ナビライター)

出版社からの紹介

ロシアのむかしばなし。
末っ子のシメオンが笛をふけば、だれもかれもが踊りだす! 背丈も顔も名前も同じだけど、
ひとりひとり不思議な技を持つ七人の兄弟。
ある日、王様に技をみせるよう命じられ、二番目のシメオンが、はるか遠くブヤーン島にいるうつくしいエレーナ姫を見つけると…。

ベストレビュー

音楽を操るシメオン

同じ名前を持った七人の兄弟ですが、あまり役に立たないと思われた末っ子のシメオンが、縦横無尽に活躍します。
あまり判断力を持たない王さまと、邪心だらけの司令官に振り回されて、物語としてはとっぴな感じがするのですが、遥か離れた国からお姫さまを呼び寄せてのハッピーエンドに、シメオンたちの活躍を不思議に思いました。
(ヒラP21さん 60代・パパ )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


田中友子さんのその他の作品

雪の花 / どうぐはなくても / くちばし どれが一番りっぱ? / おしゃべりなもり / メルヘン・アルファベット

大畑 いくのさんのその他の作品

わたしたちのえほん / ふどうぼう / ちえちゃんのおはじき / しげるのかあちゃん / ゆうれいのまち / 紙芝居 ヤギとコオロギ


絵本ナビホーム > 児童 > 絵本 > 外国文学、その他 > ロシアのむかしばなし 七人のシメオン

【連載】児童文学作家 廣嶋玲子のふしぎな世界

ロシアのむかしばなし 七人のシメオン

みんなの声(4人)

絵本の評価(4

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット