しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。
小学生からの【読みもの】もあります。楽しく読書習慣を。 絵本ナビの「絵本クラブ」がお手伝いします。>>>
サブキャラたちの日本昔話
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

サブキャラたちの日本昔話

  • 児童書
作: 斉藤 洋
絵: 広瀬 弦
出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,200 +税

絵本ナビ在庫 残り2

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 2018年07月12日
ISBN: 9784036431908

小学校高学年から
20cm×14cm/102ページ

みどころ

桃太郎は性格サイアク! 鬼退治の本当の立役者は意外にも——!?
浦島太郎は漁師に変装していた!? 乙姫様が玉手箱をもたせた本当のわけとは。
金太郎はただの力持ち? いえいえ、じつは賢さも優しさも特別な能力もかね備えた、スーパー主人公だった!

だれもが知ってる昔話の主人公たち。
そんな彼らの活躍を、いつもとはすこしちがう角度から見てみると、どうなるでしょう?

桃太郎のイヌ、浦島太郎のカメ、金太郎のクマ。
「サブキャラ」である三匹の動物たちから見た、おなじみの物語。
しかし、それはわたしたちが知っているものと、ずいぶん印象がちがうようです——

著者は「ルドルフとイッパイアッテナ」シリーズ(講談社)など、たくさんの児童書を手がける斉藤洋さん。

「桃太郎の入ってた桃は、あちこち痛んで茶色くなっていたはずだ!」
「浦島太郎が助けた亀は、口調からしてオスのはず。産卵しないはずのオスが、なんで浜辺にいたんだ!?」

斉藤洋さん、「そこはまあそういうものだろう」、とは考えません。
疑問を解決するため、昔話のサブキャラたちを呼んで話をきいたというからおどろきです。
ネコの書いた原稿を代わりに本にした、斉藤洋さんならではの解決法!!

しかも、最後に斉藤洋さんのもとをたずねたクマは、なぜか自分のことを「金太郎」と名乗っていたというのですからナゾは深まるばかり……

有名なあらすじや、だれもが持っている物語へのイメージ。
ストーリーがそこからはずれるたびにナゾが生まれ、誘われるようにページをめくるうち、サブキャラたちの物語は思わぬ結末を迎えます。

斬新な切り口で、おなじみの物語からあらたな物語を引き出した一冊!
さあ、あなたも、「むかしむかし」の裏舞台へ——

(堀井拓馬  小説家)

出版社からの紹介

日本昔話には、たくさんの謎がかくれています。「浦島太郎のカメは、なぜ浜辺にあがったのか」「桃太郎の家来たちは、なぜ命がけの鬼退治に、きびだんごひとつでついてきたのか」「金太郎とクマは、ほんとうにすもうをとったのか」など……。
わたしは、浦島太郎のカメや桃太郎のイヌ、それから金太郎のクマに会って、じっさいに話を聞いてきました。おそらく、これを読めば、いくつもの謎がとけ、すっきりした気分になれると思います。

物語の脇役、サブキャラたちが語るうちあけ話を3編収録した短編集。

ベストレビュー

ユニーク

思っていたのとだいぶ違ったけど、これはこれで面白いです。
特に桃太郎。酷い(笑)
浦島太郎、凄く良かったんですよ。浦島太郎格好いい!!って思ったんです。
で、次の桃太郎もいい話と思いきや。息子と読みながら、桃太郎はだいぶ扱いひどかったね?(笑)と。まぁ、これはこれで面白いんですけどね。
(lunaさん 30代・ママ 男の子9歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。

斉藤 洋さんのその他の作品

ほらふき男爵の大旅行 / ルドルフとノラねこブッチー  / 火星のカレー 宇宙人たちのひみつ / 西遊記(13) 風の巻 / らくごで故事成語笑辞典 / ナツカのおばけ事件簿 (17) 暗闇の妖怪デザイナー

広瀬 弦さんのその他の作品

佐野洋子の動物ものがたり / 西遊記(12) 珠の巻 / いそっぷ詩 / とらねことらたとなつのうみ / 西遊記(11) 火の巻 / はらぺことらたとふしぎなクレヨン



「ちいさなエリオット」シリーズ 作者・マイク・クラウトさん 翻訳者・福本友美子さん対談

サブキャラたちの日本昔話

みんなの声(5人)

絵本の評価(3.33

何歳のお子さんに読んだ?

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット