あきぞらさんぽ あきぞらさんぽ あきぞらさんぽの試し読みができます!
作: えがしら みちこ  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
いろんな秋に、会いに行こう!
絵本のある暮らしをもっと楽しく、もっと便利に、もっとお得に…15の特典が使える 【プレミアムサービス】
こちらムシムシ新聞社 カタツムリはどこにいる?
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

こちらムシムシ新聞社 カタツムリはどこにいる?

  • 絵本
作・絵: 三輪 一雄
出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜朝は8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,500 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 2018年07月17日
ISBN: 9784034372609

小学校中学年から
26cm×20cm/40ページ

みどころ

「ツノだせ、ヤリだせ、目玉だせ」
ツノとヤリと目玉、それぞれが何を指すか知っていますか?
まさか、カタツムリにそんな『部分』があったなんて!?

ここは虫がはたらく「ムシムシ新聞社」。
てんとう虫の新米記者ナナホシくんは、上司の命をうけ、カタツムリの秘密をさぐることに!
都会では、あまり見ることのなくなったカタツムリ。
彼らはいったい、どこにいってしまったのか?
その謎へせまるうちに見えてきたのは、カタツムリと多くの動物たちとの、おどろくべき関係でした。

考えてみると、カタツムリってとても身近な生き物なのに、その生態はあまり知らないと気づかされます。

オスとメスの違いって?
どこからウンチをするの?
どうやって子どもを産むの?

オトナも唸る、カタツムリの秘密がいっぱい!
しかし本書の魅力は、カタツムリを中心にして、野山に生きる様々な生き物の生態にまでせまっている点にあります。

カタツムリを食べるために進化したヘビに、カタツムリの殻を子育て部屋にするハチまで!?
本書を読むと、カタツムリがその殻からウンチにいたるまで、全身あますことなくだれかの役に立っていることがわかります。
きみって、そんなにスゴイやつだったのか……

自然のなかで、動物たちは互いに互いの命を支えあって生きている。
そのことを、しみじみと考えさせられる科学絵本です。

(堀井拓馬  小説家)

出版社からの紹介

ムシムシ新聞社の自然科学部記者、七星あまみちくん、ある日、部長に読者の女の子からの手紙を見せられた。「私はカタツムリが大すきです。近ごろカタツムリが見つかりませんが、どこに行くといますか? それにもっとカタツムリのことが知りたいです」
早速あまみちくんは調査。土のあるところにいるということがわかったので取材に出かけた。イノシシ、ヘビ、マイマイカブリ、ヒメボタルやマイマイチツツハナバチなどに出会い、たくさんの話を聞く。そしてわかったことは……?
生きものによる自然の循環を、カタツムリをテーマにわかりやすく説いていく。絵本『ガンバレ!! まけるな!! ナメクジくん』『のんびりオウムガイとせっかちアンモナイト』などで知られる三輪一雄氏の、ユーモラスなイラストでつづる知識絵本。

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


三輪 一雄さんのその他の作品

サナギのひみつ / ぼくたちいそはまたんていだん / 石の中のうずまきアンモナイト / しおだまり / なっとうくん西へいく / ぐるぐるうずまき



『にんじゃかぞえうた ひみつのてがみじゃ!』 さいとうしのぶさんインタビュー

こちらムシムシ新聞社 カタツムリはどこにいる?

みんなの声(0人)

絵本の評価(3

  • 5つ星のうち星5つ 0
  • 5つ星のうち星4つ 0
  • 5つ星のうち星3つ 0
  • 5つ星のうち星2つ 0
  • 5つ星のうち星1つ 0



全ページためしよみ
年齢別絵本セット