ぼんやきゅう ぼんやきゅう
文: 指田 和 絵: 長谷川 義史  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
亡くなったひとたちと、いまを生きているものとの交信、それが、盆野球。
小学生からの【読みもの】もあります。楽しく読書習慣を。 絵本ナビの「絵本クラブ」がお手伝いします。>>>
ホイホイとフムフム たいへんなさんぽ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ホイホイとフムフム たいへんなさんぽ

  • 絵本
文: M・W・シャーマット
絵: バーバラ・クーニー
訳: 福本 友美子
出版社: ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,400 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2018年05月
ISBN: 9784593100064

4、5歳から
170×200/48ページ

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

ホイホイは、ともだちのフムフムを さんぽにさそいました。「こっちのあしを だし、つぎに こっちのあしを だしてすすむ。それが さんぽ」。一度も さんぽをしたことがない フムフムに、そう説明しますが……。のんびりとした時間が流れる、1975年にアメリカで刊行された楽しい物語。

ベストレビュー

さんぽって楽しいじゃない

バーバラ・クーニーが挿絵を描いているということで、読みたいと思いました。
オポッサムのホイホイが、フムフムを散歩に誘います。
フムフムは最初、散歩に行きたがらないのですが、ホイホイが一生懸命説得して出かけます。
フムフムはすぐに疲れて休んだり、頭が痛いと言ったり…
でも、そのうちホイホイも疲れてしまい「ぼく、うちに帰りたい」と言い出します。
次第にホイホイとフムフムの発言が逆転するところが面白いです。
「さんぽって楽しいじゃない」というセリフが気持ちよかったです。
(クッチーナママさん 40代・ママ 女の子15歳、女の子13歳、男の子10歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


M・W・シャーマットさんのその他の作品

だいじなはこをとりかえせ / ねむいねむいじけん / 2るいベースがぬすまれた?! / ペット・コンテストは大さわぎ / ぼくはめいたんてい Aセット(全5巻) / ベントリー・ビーバーのものがたり

バーバラ・クーニーさんのその他の作品

ちいちゃな女の子のうた”わたしは生きてるさくらんぼ”【新版】 / クリスマス / 雪の日のたんじょう日 / 3びきのこいぬ / どうぶつたちのクリスマス / 福音館文庫 キルディー小屋のアライグマ

福本 友美子さんのその他の作品

きっと どこかに / はつめいたいかい / どうなってるの?恐竜の世界 / 虫ガール ほんとうにあったおはなし / はたらくくるまたちとちいさなステアちゃん / どうぶつたちのがっこうって?


絵本ナビホーム > 児童 > 絵本 > 外国文学小説 > ホイホイとフムフム たいへんなさんぽ

【連載】第2回「鬼遊び」シリーズ 廣嶋玲子さんインタビュー

ホイホイとフムフム たいへんなさんぽ

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット