まほうのさんぽみち まほうのさんぽみち
著: ロビン・ショー 訳: せなあいこ  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。
スマホでサクサク!お買い物♪絵本ナビショッピングアプリができました!
私はどこで生きていけばいいの?《世界に生きる子どもたち》
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

私はどこで生きていけばいいの?《世界に生きる子どもたち》

  • 絵本
文: ローズマリー・マカーニー
訳: 西田 佳子
出版社: 西村書店 西村書店の特集ページがあります!

在庫あり

ゴールデンウィークも配送実施
月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,500 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2018年06月14日
ISBN: 9784890139903

小学校中〜高学年
B4変型判・上製・26ページ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

シリーズ《世界に生きる子どもたち》第二弾
だれにでも住む家が必要です。
子どもたちには、安全で、幸せに暮らせて、家族と食事ができて、
おもちゃで遊べて、なんの不安もなく眠りにつける場所が必要なのです。

しかし、世界には、危険がせまり、家を離れざるをえなくなった人たちがいます。
2016年末の時点で家を追われた人の数は6,560万人といわれています(国連UNIHCR協会*ホームページより)。
戦争や紛争のために、多くの子どもたちとその家族が難民になりました。

彼らの人生は過酷で不安に満ちています。
それでも、ときには笑い、遊び、友だちをつくり……
どこかで、誰かが、自分たちを新しい家へと温かく迎えてくれるだろうという希望を胸に、生きています。

本書はこうした難民の状況を知り、問題を考えるきっかけとなることを目指して作られた写真絵本です。
新たな家をさがしもとめ、前を向いて生きている子どもたちと家族の姿をとらえています。
*UNHCR…国連難民高等弁務官事務所
(総ルビ/対象学年:小学校中〜高学年)

ベストレビュー

難民について話す機会に

戦争難民の様子が写真で伝えられています。階段の裏、テントの中、暑い場所に寒い場所、思っていた以上に難民の人たちはたくさん、いろんな場所で頑張っているということを思い知らされました。不安と希望に心を占められている人々がみな幸せに過ごせる日がこればいいのに。。と思いました。
(みっとーさん 30代・ママ 男の子7歳、女の子6歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


ローズマリー・マカーニーさんのその他の作品

わたしは女の子だから 世界を変える夢をあきらめない子どもたち / すごいね!みんなの通学路《世界に生きる子どもたち》 / マララさん こんにちは 世界でいちばん勇敢な少女へ

西田 佳子さんのその他の作品

あるけ!ねがいをこめて 子どもたちの権利のためにたたかった女性 マザー・ジョーンズ / ぼくがスカートをはく日 / マララの物語 わたしは学校で学びたい / おたずねもの姉妹の探偵修行(4)クリスマスの暗号を解け! / おたずねもの姉妹の探偵修行(3)踊るポリスマンの秘密 / おたずねもの姉妹の探偵修行(2)チョコレートは忘れない



子どもが喜ぶ「うんち」がいっぱい!世界20ヵ国以上で翻訳の絵本

私はどこで生きていけばいいの?《世界に生きる子どもたち》

みんなの声(4人)

絵本の評価(4.4

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット