オオイシさん オオイシさん オオイシさんの試し読みができます!
作: 北村 直子  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
全ページ立ち読み公開中! はたらく石のオオイシさん♪
クッチーナママさん 40代・ママ

映画デビュー
インパクトのある表紙の絵に惹かれて手に…
人気絵本をスマートフォン・タブレットで!絵本読み放題サービス♪【プレミアムサービス】
しゅくだいクロール
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

しゅくだいクロール

  • 児童書
作・絵: 福田 岩緒
出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,200 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • 1章ためしよみする
  • ちょっとためしよみする

発行日: 2018年06月
ISBN: 9784569787688

小学校低学年〜
A5判上製/80ページ

この作品が含まれるテーマ

みどころ

しょうたは小学校3年生。お父さんの仕事の都合で、近いうち引っ越すことになりました。
引っ越しすることを親友のかおるに伝えると、あることを提案されます。
それは、今年の水泳大会のリレーに出ること。
だけど、しょうたは、1年生のときに遊園地のプールでおぼれてから、水が大の苦手なのです。
「かならず ぼくが しょうたを およげるように するから」
かおるの強引さに負けて、しょうたの挑戦がはじまるのですが――。

顔を水につけること、浮くこと、バタ足……。
かおるがつきっきりで教えてくれたおかげで、少しずつ、しょうたは水に慣れていきます。でもリレーで泳ぐクロールは、あっさりマスターできるほど簡単ではありません。やっと浮けるようになったら、息継ぎがうまくできなくておぼれたみたいになってしまう。思うように泳げなくて、 しょうたは焦ったり落ち込んだり。

さらに、生まれ育った町を出ること、かおると離れ離れになってしまうこと、見つけたノラ猫「シロ」のことなど引っ越しに対する心の重苦しさも、水泳大会への不安の上に(重なっていきます。

丁寧に描かれるしょうたの気持ちにひきこまれて、どんどんページをめくってしまうことでしょう。友達っていいな、そう思える場面もたくさんあります。
上達する大変さがじっくり書かれているので、運動が苦手な子は特に共感して読めるのでは?
特にかおるの水泳指導法が丁寧でわかりやすいのもお話の大きな魅力です。お話のなかに、運動ができるようになるヒントやコツが書かれているのも、「しゅくだい」シリーズのポイントですね。

さて、しょうたはお話のラスト、無事に水泳のリレーで泳ぎ切ることができたのでしょうか?
しょうたの頑張りに、子どもたちは、自分もできるかもしれないという勇気をもらえるはず。
完璧じゃなくてもいい、あきらめずに練習したら自分が思っているより、ちゃんとできるようになる! 苦手なことに自信がない子どもたちに向けて、そんな励ましのメッセージが本書から聞こえてくるようです。

(掛川晶子  絵本ナビ編集部)

しゅくだいクロール

しゅくだいクロール

出版社からの紹介

7月に入ってすぐ、引っこしが決まったと友達のかおるに伝えた。かおるとは幼稚園の時から仲良しで、今の3年生で同じクラスになって喜び合った。

 小学校1年生の夏、ぼくは遊園地のプールでおぼれたことがある。その時からプールが怖くなってしまった。それなのにかおるは、水泳大会のリレーの選手にぼくを出したいと言い出した。それからぼくのクロールへの挑戦がはじまった。

 まずは、水に浮く練習からはじめた。プールが怖かったぼくは、水に浮くことができただけでうれしかった。次にバタ足を練習した。最初は、バチャンバチャンと大きくけっていたが、だんだんと水をける感覚がつかめてきた。そしていよいよ、「手かき」をつけて泳ぐことになった。ところが、今まで順調だったのに、手をつけたことで上手く泳げなくなって……。

 運動が苦手な子でも、頑張って練習することの大切さを描いた「しゅくだい」シリーズ。水泳が苦手な子におすすめの一冊です。

ベストレビュー

いつも一緒だったかおるとの別れ

引越しが決まって、ようちえんの時からいつも一緒だったかおるとの別れが、読んでいてもとても辛く思いました。引っ越すことを決めてからのかおるの態度はなぜかよそよそおしく感じましたが、「水泳大会のリレーに一緒に出よう!」となって、主人公の僕は、小学校1年生の夏、遊園地のプールで溺れてからは、プールには入れなくなってしまいました。その僕が三年生クラス代表の4人の仲間になるのですから、並大抵の努力では、なかったので、良く頑張ったなあと思いました。かおるのつきっきりの指導もあってクロールはマスターしたものの、びりになってしまいましたが、僕を皆は、自分のことのように喜んで迎えてくれたので、クラスの仲間もあたたかくていいなあと思いました。そんなクラスの仲間共かおるとも分かれた主人公に読んでいて涙が出てきました。気にしていたこねこのシロを抱いて、かおるがお別れしているシーンには、めちゃくちゃ泣けました。
(押し寿司さん 60代・じいじ・ばあば )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


福田 岩緒さんのその他の作品

マラソンじいさん / しゅくだいかけっこ / しゅくだいとびばこ / 釣りに行こう! / ぼくのにいちゃんすごいやろ! / しゅくだい大なわとび



世界中で愛されている犬、ニッパーと家族の絆をめぐる物語

しゅくだいクロール

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット