まほうのさんぽみち まほうのさんぽみち
著: ロビン・ショー 訳: せなあいこ  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。
人気絵本をスマートフォン・タブレットで!絵本読み放題サービス♪【プレミアムサービス】
ずっと ずっと かぞく
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ずっと ずっと かぞく

  • 絵本
訳: アーサー・ビナード
写真: ジョエル・サートレイ
出版社: ハーパーコリンズ・ジャパン

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,800 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2018年06月
ISBN: 9784596583512

4歳〜
48P オールカラー

出版社からの紹介

ナショナル ジオグラフィック キッズ、はじまるよ!

もし 森で ばったり あったら どうする?
きみの みみには ちきゅうの こえが きこえるかい?

動物たちの命をつなぐための撮影プロジェクト「フォト・アーク」。
ナショナル ジオグラフィックの写真家がうつしたポートレートと、詩人がつむいだ言葉が、 こどもたちの心に今、物語を届ける。

ここで、たいせつな仲間たちにつぎつぎとであう。そして、ひとりひとりと見つめあう。
「いっぴき」としてではなく……自分とおなじ「ひとり」としてむきあうことになる。
――アーサー・ビナード

ベストレビュー

動物たちの言い分

絶滅にひんしている動物たちを、意欲的に撮り続けている写真家ジョエル・サートレイの写真に触発されて、詩人アーサー・ビナードさんが動物たちの言い分を代読してる作品です。
文章の面白さにページを繰っていったら、なんと多くの動物たちが登場していることでしょう。
写真に語らせるアーサー・ビナードの技だけではなく、しっかりと動物たちの視線をとらえた写真にも感じ入ってしまいました。
収録された動物たちが姿をなくさないように、出来ることを考えたい写真絵本です。
(ヒラP21さん 60代・パパ )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


アーサー・ビナードさんのその他の作品

そもそもオリンピック / 父さんがかえる日まで / 紙芝居 ちっちゃい こえ / わたしの森に / なずず このっぺ? / みんな みんな いただきます



ほら穴にいるのはどんな” ちちゃこい” いきもの?

ずっと ずっと かぞく

みんなの声(1人)

絵本の評価(4

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット