貝の火 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
絵本が毎月届く「ワクワク」をぜひお子様に。 絵本ナビの定期購読「絵本クラブ」 お申し込みはこちらから>>>
はじめてのフォニックス (2)  さいごの音で韻をふむ ライミング 〜 My First Rhyming
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

はじめてのフォニックス (2) さいごの音で韻をふむ ライミング 〜 My First Rhyming

著: ジュミック今井
出版社: Jリサーチ出版

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,800 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • d払い

  • 後払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2018年07月10日
ISBN: 9784863923928

大型本 100ページ

出版社からの紹介

アメリカの小学校でも行われている、はじめて英語を習う子どもたちに
効果的な音遊びメソッド

【ライミングとは?】
フォニックス(つづり字と音のルール)を習う前に大切な、フォネミックアウェアネス(音素認識)の手法の一つで、take – lake – cakeなどのように同じ音で終わる単語を集めて、英単語にふれていく音遊びのスタイルです。韻をふんだakeを何度も聞くことで、akeの音のルールを自然に理解していきます。

【できるようになること】
・英語の音に慣れて、英語の耳を育てる
・まねをすることで、きれいな発音を身につけられる
・英検4、5級にも対応した単語を覚えられる

【特長】
1.リズムに乗せた音声で、歌を歌うように遊びながら英語にふれられる
2.代表的な語末の音37音を、ユニークなチャンツで学べる
3.すべての音声が、普通の声→小さい声になっていてお子さまがまねをしやすい
4.かわいいイラストで、飽きずに学習できる
5.巻末には、発音のポイント・お子さまへ声かけする話のタネなど、保護者用ガイド付

【CD(音声)の内容】
単語(聞く用の音量)→単語(真似して発音できる小さな音量)→チャンツ(聞く用の音量)→チャンツ(真似して発音できる小さな音量)



この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


ジュミック今井さんのその他の作品

はじめてのフォニックス (1) さいしょの音で韻をふむ アリタレーション 〜 My First Alliteration



旅人気分で楽しく街の情報を覚えられる地図絵本

はじめてのフォニックス (2) さいごの音で韻をふむ ライミング 〜 My First Rhyming

みんなの声(0人)

絵本の評価(3

  • 5つ星のうち星5つ 0
  • 5つ星のうち星4つ 0
  • 5つ星のうち星3つ 0
  • 5つ星のうち星2つ 0
  • 5つ星のうち星1つ 0



全ページためしよみ
年齢別絵本セット