キキとジジ 魔女の宅急便 特別編その2 キキとジジ 魔女の宅急便 特別編その2
作: 角野 栄子 画: 佐竹 美保  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
絵本選びに迷いのあるママへ 定期購読サービス「絵本クラブ」 がお手伝いします。 詳しくはこちら>>>
泥 Fuzzy Mud
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

泥 Fuzzy Mud

  • 児童書
著: ルイス・サッカー
訳: 千葉 茂樹
出版社: 小学館 小学館の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,400 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2018年07月12日
ISBN: 9784092906228

10〜20代
4−6判・240p

出版社からの紹介

これまでにない近未来パニック小説

タマヤたちの小学校は、立ち入り禁止の森に囲まれていた。
森には、サンレイ・ファームという農場がある。クリーンなエネルギーを研究しているらしい。

タマヤの大事な友だちマーシャルは、いじめっ子の存在に悩んでいた。
この日も、いじめっ子チャドが待ち伏せしていることを知り、いつもの道をさけて帰ろうと森の中に入り込む。
心配したタマヤも後を追った。しかし、このことに気がついたチャドが、追いかけてきたのだ。
森の中でつかみ合いになり、タマヤは、マーシャルを助けるために、足下にあった泥を投げつけた。
ブクブクと泡を出している無気味な泥、手に取ると生暖かい。タマヤとマーシャルは、必死にその場を逃げ出した。

翌日、いじめっ子は、学校に来なかった。
そして、タマヤの手にできた水ぶくれは、どんどんひどくなり、広がっていった。

"あの泥"が原因に違いない!

あの森で、なにか恐ろしいことが起きている・・・・・・。
何が起きているのか?

ベストレビュー

ちょうど、訳の千葉茂樹さんの講演を聞いたばかり。「泥」は、大ベストセラー「穴」の著者であるルイスサッカー氏の本。千葉さんは、本屋で「泥」を見つけ読んだらおもしろかったので、出版社に自ら翻訳を持ちかけたそうだ。学園ものだが、パニック小説でもある。主人公の少女タマヤが、一生懸命に泥からチャドを救おうとしている場面から終盤にかけ、不思議なくらいほんとに素直でかわいい。
私が好きな本は、気が付けば千葉さんが翻訳した本ばかり。つまり、千葉茂樹さんがおもしろいと思う本は、間違いなくおもしろいってことだ。
(花豆はなこさん 60代・その他の方 )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


ルイス・サッカーさんのその他の作品

地獄坂へまっしぐら! / きみの声がききたいよ! / ぼくって女の子?? / ウェイサイド・スクールはますますへんてこ / ウェイサイド・スクールはきょうもへんてこ / どうしてぼくをいじめるの?

千葉 茂樹さんのその他の作品

ソロモンの白いキツネ / スタンリーとちいさな火星人 / しぜんのかたち せかいのかたち ―建築家フランク・ロイド・ライトのお話 / コナン・ドイル ショートセレクション 名探偵ホームズ踊る人形 / せかいでさいしょのポテトチップス / ツリーハウスがほしいなら



大人気「ちいさなエリオット」シリーズ第三弾は遊園地へ

泥 Fuzzy Mud

みんなの声(1人)

絵本の評価(4

その他の方の声 1人

その他の方の声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット