貝の火 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
小学生からの【読みもの】もあります。楽しく読書習慣を。 絵本ナビの「絵本クラブ」がお手伝いします。>>>
1万3000年続いたオドロキの歴史 おもしろ謎解き『縄文』のヒミツ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

1万3000年続いたオドロキの歴史 おもしろ謎解き『縄文』のヒミツ

著: スソ アキコ こんだ あきこ
出版社: 小学館 小学館の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,200 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • d払い

  • 後払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2018年07月17日
ISBN: 9784092271975

8歳〜一般
A5判・160p

出版社からの紹介

図解まんがで楽しく学ぶ「縄文ワールド」!

小学校中学年〜ジュニアのための「縄文」への新しい興味へ導く「図解まんが」。
自分もやってみたい!と思える「作ってみよう! 縄文ラボ」コーナーも!

歴史好き少年・あっきーとこんちゃんが、縄文研究の「プロ」に聞きながら、
土偶の新しい見方や縄文時代の様々なヒミツをさぐります。

図解まんが1 わたしたちの中の縄文人を探せ!
       ・篠田謙一先生(国立科学博物館)

図解まんが2  縄文人の「食」を骨から解明する!
       ・米田穣先生(東京大学総合研究博物館)

図解まんが3 自然を知りつくした縄文人の智恵を体感せよ!
       ・佐々木由香先生(明治大学黒曜石研究センター)


図解まんが4 土偶に秘められた縄文人の願いとは?!
       ・上野修一先生(栃木県埋蔵文化センター)

土偶女子・こんちゃんの「土偶がもっと楽しくなる図鑑」

縄文がよくわかる博物館&資料館ガイド

作ってみよう! 縄文ラボ 

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


スソ アキコさんのその他の作品

かぞくマン



旅人気分で楽しく街の情報を覚えられる地図絵本

1万3000年続いたオドロキの歴史 おもしろ謎解き『縄文』のヒミツ

みんなの声(0人)

絵本の評価(3

  • 5つ星のうち星5つ 0
  • 5つ星のうち星4つ 0
  • 5つ星のうち星3つ 0
  • 5つ星のうち星2つ 0
  • 5つ星のうち星1つ 0



全ページためしよみ
年齢別絵本セット