宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
【本好きな子になってほしい!】と思うママへ。 絵本を毎月お届けします.。まずはチェック。 >>>
わにのだんす
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

わにのだんす

  • 絵本
文: 今井 雅子
絵: 島袋 千栄
出版社: エンブックス

本体価格: ¥1,400 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「わにのだんす」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2018年07月10日
ISBN: 9784802131094

3歳から
サイズ:A4判変形(200×264mm)
ページ:32Pフルカラー

出版社からの紹介

NHK連続テレビ小説「てっぱん」、アニメ「おじゃる丸」、2018年公開映画「嘘八百」……
数々の人気作を手がける脚本家が、自身の子育て中に語り聞かせた「子守話」を絵本化

お金を稼いだ
“だんすわに”が見つけた
本当に欲しかったものは?

踊ることが大好きなわにが道端でダンスをして見せると、通りがかりのわにたちは喜んで
お金をくれました。わにはそのお金で好きなものを買いました。味をしめたわには、場所
を変えては踊り、お金を貯めて次々に好きなものを買っていきます。もっともっとと考え
たわにが、最後にたどり着いた場所で見つけた、本当に欲しかったものとは?
子どもが「はじめて出会う経済の本」。モノには「価値」があること、同時に「お金で買
えない価値」があることを楽しく知ることができる絵本です。

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


今井 雅子さんのその他の作品

NHKネットコミュニケーション小説 (2) ルミチカ



祝! 10周年記念! 「ばけたくん」シリーズ<br>岩田明子さんインタビュー

わにのだんす

みんなの声(0人)

絵本の評価(3

  • 5つ星のうち星5つ 0
  • 5つ星のうち星4つ 0
  • 5つ星のうち星3つ 0
  • 5つ星のうち星2つ 0
  • 5つ星のうち星1つ 0
プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット