あきぞらさんぽ あきぞらさんぽ あきぞらさんぽの試し読みができます!
作: えがしら みちこ  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
いろんな秋に、会いに行こう!
小学生からの【読みもの】もあります。楽しく読書習慣を。 絵本ナビの「絵本クラブ」がお手伝いします。>>>
このいえも むかしは
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

このいえも むかしは

  • 絵本
文: ジュリー・フォリアーノ
絵: レイン・スミス
訳: 青山 南
出版社: BL出版 BL出版の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜朝は8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,600 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2018年07月01日
ISBN: 9784776408253

28×23cm 41頁


バナーをクリックすると、BL出版のおすすめ絵本がご覧いただけます

みどころ

森の奥深くにある、一軒の家。
むかしは人が住んでいたけれど、今は誰もいない家。
少し歪んで倒れそうな家は、むかしは青いペンキが塗られていたけれど今ははがれていて……、草木に覆われ、窓のガラスはなくなっています。

ふたりの子どもが、丘をのぼり、家に近づきます。
中途半端にしまっている玄関のドアは、「ちゃんとあいてはいませんが、ちょっとあいています」「しまってはいますが、しっかりしまってはいません」という具合。
ガラスの割れた窓は、「のぼっておいでとよんでいます」。

家にあがりこんだふたりの子どもは考えます。
ごはんのときに豆をたべたのはだれ?
暖炉のそばにいたのは?
ぼやけた写真はいったいだれの?

だれも住まなくなった……かつてはだれかが住んでいたふるい家。
朽ちかけた家にふさわしい、枯れた色彩の絵から一転、想像の世界の住人たちは色あざやかに描かれます。
海にいきたい男の人だった? 庭で絵を描く女の人だった?
カウボーイ? 女王さま? それともネコ?

まるで短編映画のような、詩情あふれる絵本。
作家であり詩人のジュリー・フォリアーノの文に、コールデコット賞、ケイト・グリーナウェイ賞受賞作家のレイン・スミスが絵を描いています。
緑にあふれた森の奥ではなく、赤や黄の秋深い色に染められた草木の茂る森の奥に、埋もれるようにたたずむ家……。
いつだって、想像力はどこまでも広がっていきます。
想いをめぐらすひとときに、ぜひこの絵本をどうぞ。

(大和田佳世  絵本ナビライター)

出版社からの紹介

森のおくふかくにいえがいっけん。
むかしはだれかがすんでいましたが、いまはいません。
そのだれかってだれだったのでしょう。
おとこのので、ひこうきをつくって、まいばん、そらをとぶゆめをみていたのかな?
それともあかちゃん? それともカウボーイ? 女王さま?……それともネコかな?
ふるいいえをみつけたこどもたちの想像はどこまでも広がっていきます。
『こどものなかま』でケイト・グリーナウェイ賞を受賞したレイン・スミスが多彩なタッチを駆使して描いています。
想像をかきたてる絵本です。

ベストレビュー

どんな人が住んでいたんだろう

森の奥にある一軒の家。
誰も住んでいない廃屋の探検で、少年たちは色々に住人を想像します。
想像力と絵で楽しむ絵本です。
しかしやっぱり人気があって暖かい自分の家が良いですね。
レイン・スミスの絵がイマジネーションを膨らませてくれました。
(ヒラP21さん 60代・パパ )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


ジュリー・フォリアーノさんのその他の作品

はるなつあきふゆの詩 / あ、はるだね / クジラにあいたいときは

レイン・スミスさんのその他の作品

ほんと さいこうの日 / こどものなかま / これはちいさな本 / グランパ・グリーンの庭 / これは本 / ヒヤシンスひめ そらにうかんだおんなのこの あっとおどろくおはなし

青山 南さんのその他の作品

王さまとよごれた足 / もぐらのモリスさんおうちにかえりたい! / ホッキョクグマと南極のペンギン / クマですが、イヌです / アランの歯はでっかいぞ こわーいぞ / はだかんぼ!



とっておきの場所をとられちゃったククー、さあどうする…?!

このいえも むかしは

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5




全ページためしよみ
年齢別絵本セット