宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
【本好きな子になってほしい!】と思うママへ。 絵本を毎月お届けします.。まずはチェック。 >>>
ミミとピギーのベネチアりょこう
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ミミとピギーのベネチアりょこう

  • 絵本
作: たしろ ちさと
出版社: BL出版 BL出版の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,600 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • 後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 2018年07月20日
ISBN: 9784776408352

4、5歳から
271×250mm 46ページ


バナーをクリックすると、BL出版のおすすめ絵本がご覧いただけます

出版社からの紹介

ぬいぐるみのミミとピギーは、ふたりでりょこうにでかけることになりました。
行き先はイタリアのベネチア!
はじめて見る景色にふたりは大よろこび。
ところが、とちゅうで、ミミはピギーとはぐれてしまい……
はたしてふたりは無事あえるでしょうか。
リアルト橋やサンマルコ広場などベネチアの名所もいっぱい。
見開きいっぱいに描かれた地図でふたりの行き先をたどるのも楽しい。
旅した気分になれる絵本です。

ベストレビュー

ロマンチックなベネチア

図書館で借りてみました。
大判で、旅の臨場感が感じられます。
リアルト橋ではピギーは美味しそうなお店に、
ミミはガラス細工に夢中でした。
どちらも心惹かれますね。
トラットリアのイタリア料理も美味しそう。
一緒にお出かけしたような気持になれる楽しい絵本でした。
(ラムネ色さん 60代・じいじ・ばあば )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • はりきりみかん
    はりきりみかんの試し読みができます!
    はりきりみかん
    作・絵:じゃんぼ かめ 出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    いつも元気なはりきり子どもみかん、こたつの中でたいへんなことに・・・!

たしろ ちさとさんのその他の作品

どうぶつ どんどん / はなびのひ / せかいいち まじめなレストラン / きょうりゅうオーディション / スギナ屋敷のオバケさん オバケとキツネの術くらべ / すずめくんどこでごはんたべるの?



なかやみわさん×絵本ナビ代表・金柿秀幸 対談インタビュー

ミミとピギーのベネチアりょこう

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.25




全ページためしよみ
年齢別絵本セット