新刊
PUI PUI モルカー ネコ救出大作戦

PUI PUI モルカー ネコ救出大作戦(フレーベル館)

大人気の『PUI PUI モルカー』ストーリーブック第3巻!

ガラスの梨 ちいやんの戦争

ガラスの梨 ちいやんの戦争

  • 児童書
作: 越水 利江子
絵: 牧野 千穂
出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!

在庫あり

原則月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥1,650

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

絵本ナビ在庫 残り2

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

のびのび読みポプラ社

作品情報

発行日: 2018年07月02日
ISBN: 9784591159088

小学校高学年〜一般
B6判 190mm x 138mm  359ページ

出版社からの紹介

親子で読んで語り合ってほしい。
戦争のこと、家族のこと、このさきの平和について。


大阪で暮らした著者の母親をモデルに、大阪大空襲で市井のひとびとが味わった悲しみを鮮烈にえがく! 今こそ読んでほしい本格的戦争児童文学!


昭和16年。小学3年生の笑生子(えいこ)は、大阪の新千歳国民学校に通う女の子。「ちいやん」と呼ばれて、かわいがられている。働き者の両親と、京都に住む長女の澄恵美(すえみ)、今は家庭を持って別に暮らしている厳格な長男の正義、いつでも心やさしく家族を助けてくれる次男の成年、電車の車掌をしているモダンでマイペースな次女の雅子、わがままだけど愛嬌いっぱいの弟の春男という大好きな家族に囲まれて、しあわせに暮らしていた。しかし、ひたひたと戦争の影がしのびより、笑生子の日常を少しずつ違うものに変えていく。大好きだった成年の戦死、成年が手伝っていた動物園の閉鎖、建物疎開で離ればなれになってしまった仲良しの千代ちゃん……そして、恐ろしい大空襲。戦争は笑生子から少しずつかけがえのないものを奪っていく。

どんな苦しい毎日でも生きていこうとする人間のたくましさと、その命のつながりによって今のわたしたちは生かされていること、そして、この戦争の悲劇を二度と繰り返してはならないことを訴える。

ベストレビュー

こういう現実があったことを。

親の私が子供の頃は毎年8月になると「はだしのゲン」や「火垂るの墓」などの子供でも見やすいような戦争を考えさせられる映画やアニメがテレビで放送されていたものです。
でも昨今はあまり見ません。
小学生の子供を持つ親になり、これで大丈夫?と正直思います。
こういう本を読んで、これからの未来を担う子供たちには、戦争の醜さと悲しさ命の尊さをしっかり学んで考えてほしいと、強く思います。
(まゆみんみんさん 40代・ママ 女の子11歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


越水 利江子さんのその他の作品

波乱に満ちておもしろい! ストーリーで楽しむ伝記 織田信長 / 波乱に満ちておもしろい! ストーリーで楽しむ伝記 土方歳三 / 義経千本桜 / 100年後も読まれる名作(9) 若草物語  / やさしく読める ビジュアル伝記 ベートーベン / 10歳までに読みたい日本名作(10) 東海道中膝栗毛

牧野 千穂さんのその他の作品

ジャノメ / みつきの雪 / ちびねこのチュチュと、スプーンのあかちゃん / 迷い道へようこそ / 友だちになる理由 / きのうまでにさよなら


絵本ナビホーム > 児童 > 単行本 > 日本文学、小説・物語 > ガラスの梨 ちいやんの戦争

『たんぽぽのちいさいたねこちゃん』なかやみわさんインタビュー

ガラスの梨 ちいやんの戦争

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット