新刊
こころにいつくしみ の種をまく

こころにいつくしみ の種をまく(評論社)

ダライ・ラマ14世初めての絵本!

  • 学べる
  • 役立つ
新刊
ともだち いっしゅうかん

ともだち いっしゅうかん(偕成社)

人気シリーズの番外編! リズムにあわせて楽しく読んでください♪

  • かわいい
  • ためしよみ
ハンカチさがし

ハンカチさがし

  • 絵本
作: 森山 京
絵: 岡田 千晶
出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!

税込価格: ¥1,650

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

【重要】取り寄せのお届け日について
  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

中面を見る

作品情報

発行日: 2018年07月30日
ISBN: 9784799902547

幼児から
263mm×212mm 32ページ

みどころ

「ああ、気持ちよさそう…」
絵本を広げれば、そこに広がるのはいちめんの草原。
その草原に囲まれて一件の素敵な家が建っています。

ここは、高原の別荘。
夏休みになると、ユリはいつも大好きなおじいさんに迎えられてやってくるのですが、おじいさんはもういません。毎年やってくる同い年のヒカルくんも、今年は家族で外国に出かけてしまったので、今、この別荘に来ているのはユリとおかあさんのふたりだけ。

ある日、おかあさんがユリに言います。
「どこかで、わたしのハンカチ、見なかった?」
それは、亡くなったおばあさまの手作りで、小花の刺繍がある美しいハンカチです。
「わたし、おにわを見てくるわ」
ユリは帽子をかぶると、ひとりで庭に降り立ちます。

芝生の上をあちこち探していると、ユリの目の前を茶色のウサギが走り去っていきます。よく見ると、首のまわりには、見覚えのある白い布が結ばれています。
「まって、まってちょうだい!」
慌てて追いかけていき、草のしげみのその先でユリがふいに出会った光景とは…?

間もなく人手に渡る別荘。お隣の空き地も含めていずれホテルが立つというこの場所には、ユリたち家族のほかにもずっと暮らしてきた住民たちがいたようです。ユリは思いがけず、その不思議な最後の会議を目にしたのです。慎ましくも、案外しっかりした彼らの暮らしを、私たち読者も垣間見ることになるのです。

とにかく終始感じることの出来るのは、爽やかな風と気持ちのいい木漏れ日。岡田千晶さんは空気や温度まで描くことが出来るのでしょうか…限りなくユリに近い視点で物語を体感する気持ちにしてくれます。そして、このどこか半分夢のようなお話は、森山京さん最後の作品でもあります。大切に味わっていきたい一冊ですね。

(磯崎園子  絵本ナビ編集長)

ハンカチさがし

出版社からの紹介

夏休み、ユリはいつも大好きなおじいさまがむかえてくれる高原の家に行きます。
でも、今年はもうおじいさまはいません。その高原でユリは、思いがけずとても不思議な動物たちの会議を目にすることになります。

ベストレビュー

夢かもしれないけど。

岡田千晶さんの 丁寧な絵に心が癒されます。
ストーリーも幻想的ですが
主人公が心に描くイメージと
動物たちの印象が物語として
素敵な絵本だと思います。
小さいお子さんには情景や 別荘、
どうしてこういう状況になるのかは
わかりづらいかもしれません。
でも 絵本の世界に心が動かされるように
ぜひ 読んで欲しい絵本だと思います。
(koyokaさん 60代・じいじ・ばあば )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


森山 京さんのその他の作品

おじいさんは川へ おばあさんは山へ / ポプラ世界名作童話(28) 幸福の王子 / 紙芝居 しましま / おばあちゃんのわすれもの / リンちゃんとネネコさん / ひっこしをしたかばのこカバオ

岡田 千晶さんのその他の作品

まほうのハッピーハロウィン / こもれび / 中くらいの幸せの味 / 初恋まねき猫 / ちいさな魔女とくろい森 / ひだまり



『きゅうきゅうブーブー』tupera tuperaさんインタビュー

ハンカチさがし

みんなの声(4人)

絵本の評価(4.2

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット