季節
お正月が やってくる

お正月が やってくる(ポプラ社)

お正月かざりを売るなおこさん一家の年末年始をとおして、人びとの暮らしに息づくお正月を迎えるよろこびを描いた絵本。

  • かわいい
  • 学べる
オッペルと象

オッペルと象

作: 宮沢 賢治
絵: 木村 昭平
出版社: ベネッセコーポレーション

税込価格: ¥1,431

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「オッペルと象」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 1991年11月
ISBN: 9784828849751

ベストレビュー

オッペルはどういう人物でしたのでしょうか?

宮沢賢治はこのお話で何を私達に伝えたかったのか?子ども達より大人に止まれる本なのでしょうかね?
オッペルは稲扱器械を6大ももつ 実業家?  琥珀のパイプをくわえているからお金持ちなのでしょうね?
ある時 白象を見つけ  白象で金儲けしようとたくらむのですが・・・・
オッペルは白象をこき使うのです柵閉じこめられ
悲しい白象は涙を流します     ある時かわいい子どもがやって来て硯と紙をかりて
仲間の象に手紙を書くのです
仲間のゾウたちは この手紙を読んで 助けに来ます
オッペルも抵抗するのですが・・・
ゾウたちの力にはかないません
ゾウたちの領分を侵した オッペルに対する風刺なのでしょうか?

とにもかくにも 白象が助かりホッとしました

オッペルはこの後もどのような生き方をしたのでしょう?

そこが気になるところです
(にぎりすしさん 60代・その他の方 )

出版社おすすめ

  • おおかみのはなし
    おおかみのはなしの試し読みができます!
    おおかみのはなし
     出版社:瑞雲舎 瑞雲舎の特集ページがあります!
    ことば遊び絵本『はやくちこぶた』の三びきのこぶたとおおかみが繰り広げる楽しいお話

宮沢 賢治さんのその他の作品

鳥箱先生とフゥねずみ / ポラーノの広場 / 春と修羅 / 雨ニモマケズ / 十力の金剛石 / 注文の多い料理店

木村 昭平さんのその他の作品

シャクンタ / ポポリン / わたしはおばあちゃんがすき



3月の新刊&オススメ絵本情報

オッペルと象

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット