もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。
スマホでサクサク!お買い物♪絵本ナビショッピングアプリができました!
難民になったねこ クンクーシュ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

難民になったねこ クンクーシュ

  • 絵本
作: マイン・ヴェンチューラ
絵: ベディ・グオ
監修: ヤズミン・サイキア
訳: 中井 はるの
出版社: かもがわ出版

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,700 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

絵本ナビ在庫 残り1

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • 全ページためしよみする
  • ちょっとためしよみする

発行日: 2018年08月
ISBN: 9784780309744

285mm×230mm/32ページ

関連するスペシャルコンテンツ


翻訳者 中井はるのさん、編集者 三輪ほう子さん インタビュー!

出版社からの紹介

クンクーシュ 5000キロの旅
難民家族とはぐれた猫がボランティアの力で再会を果たすドキュメンタリー。子どもに親しみやすい猫を通じ難民問題を心で感じる絵本。

あなたは、「難民」をしっていますか?
紛争などのために、着のみ着のままで、ふるさとの国から逃げ出さなくてはならないおかあさんと子どもたちの姿を想像してみてください。そして、もし、そのとちゅうで、かわいがっていたねこを見失ってしまったとしたら・・・。
それが、この絵本の、ほんとうにあった難民の家族とねこの物語です。
そのねこは、飼い主家族とはぐれ、ひとりぼっちになってしまいました。でも、幸運なことに、心やさしく行動力あふれる人たちに助けられ、5000キロもの旅をし、ついに、飼い主家族と奇跡的に再会することができたのです。
難民とは?家族とは?国際支援とは?
1ぴきのねこがつないだ出会いから、あなたは、どのように感じ、考えるでしょうか?

ベストレビュー

猫を通して伝えられる、いろいろなこと

自分達が住んでいた地域が危険にさらされている。
ずっと住んでいたいけれど、
死と隣り合わせで日々を過ごすのは辛い。
そんな家族が決死の覚悟で国を後にします。
大事な大事な家族の一員である猫を連れて・・・

難民とは何か? を知るのは、
子供にはなかなか難しいことかもしれません。
けれど、新天地を命がけで目指す家族の様子を知ることで、
不平不満は多いかもしれないけれど、
日本がいかに平和であるかを知ることが出来るのではないか、
そう思いました。

そして、行動力溢れる人達の優しさは、
自分に何が出来るかを考えるきっかけになればいいなと思います。
(hime59153さん 40代・ママ 男の子6歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


中井 はるのさんのその他の作品

ディズニームービーブック インクレディブル・ファミリー / 365日のWonder ブラウン先生の格言ノート / みんな、ワンダー / あかちゃん、はじめまして!おゆびでさしてあそぼうブック / ディズニームービーブック リメンバー・ミー / 26階だてのツリーハウス



おやすみ前にぴったりの絵本!本をなでたり、ゆらしたり♪

難民になったねこ クンクーシュ

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5




全ページためしよみ
年齢別絵本セット