話題
しばわんこの和の行事えほん

しばわんこの和の行事えほん(白泉社)

お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

  • 全ページ
  • ためしよみ
新刊
ほげちゃんとおともだち

ほげちゃんとおともだち(偕成社)

Twitter&Instagramで#うちのほげちゃんプレゼントキャンペーン実施中!

  • 笑える
  • 盛り上がる
  • ためしよみ
難民になったねこ クンクーシュ
  • 全ページためしよみ作品は送料無料

難民になったねこ クンクーシュ

  • 絵本
作: マイン・ヴェンチューラ
絵: ベディ・グオ
監修: ヤズミン・サイキア
訳: 中井 はるの
出版社: かもがわ出版

本体価格: ¥1,700 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「難民になったねこ クンクーシュ」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

中面を見る

作品情報

発行日: 2018年08月
ISBN: 9784780309744

285mm×230mm/32ページ

関連するスペシャルコンテンツ


翻訳者 中井はるのさん、編集者 三輪ほう子さん インタビュー!

出版社からの紹介

クンクーシュ 5000キロの旅
難民家族とはぐれた猫がボランティアの力で再会を果たすドキュメンタリー。子どもに親しみやすい猫を通じ難民問題を心で感じる絵本。

あなたは、「難民」をしっていますか?
紛争などのために、着のみ着のままで、ふるさとの国から逃げ出さなくてはならないおかあさんと子どもたちの姿を想像してみてください。そして、もし、そのとちゅうで、かわいがっていたねこを見失ってしまったとしたら・・・。
それが、この絵本の、ほんとうにあった難民の家族とねこの物語です。
そのねこは、飼い主家族とはぐれ、ひとりぼっちになってしまいました。でも、幸運なことに、心やさしく行動力あふれる人たちに助けられ、5000キロもの旅をし、ついに、飼い主家族と奇跡的に再会することができたのです。
難民とは?家族とは?国際支援とは?
1ぴきのねこがつないだ出会いから、あなたは、どのように感じ、考えるでしょうか?

ベストレビュー

難民家族とねこ、ボランティアの活躍

イラクの戦火を逃れて国境を渡る難民家族が、大切に連れてきたねこの話です。
そして、迷子になってしまったねこを、家族のもとに届けるために関わったボランティアの話です。
この本を読むにあたって、同じ題材で書かれた絵本「まいごのねこ:ほんとうにあった、難民のかぞくのおはなし(岩崎書店)」と並べ読みしてみましたが、視点と描き方の違いで印象に微妙な違いを感じました。
この「難民になったねこ」は、家族から離れてしまったクンクーシュのためにボランティアがどれだけ努力したか、美談から考える難民問題として成り立っているように思います。
巻末に解説や、難民を考える参考問題が付されているので、学習的な要素もあるかと思います。
難民家族の苦難という視点では、「まいごのねこ」の方が力点が家族寄りに思えるので、双方を読むことで理解を深めることをお薦めします。
(ヒラP21さん 60代・パパ )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • なまえのないねこ
    なまえのないねこの試し読みができます!
    なまえのないねこ
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    ぼくは ねこ。なまえのない ねこ。ひとりぼっちの猫が最後にみつけた「ほんとうに欲しかったもの」とは…

中井 はるのさんのその他の作品

バッドガイズ(1) / グレッグのダメ日記 なんとかなるさ / ディズニームービーブック ソウルフル・ワールド / 子どもを守る言葉「同意」って何? YES、NOは自分が決める! / ねむねむさんがやってくる 眠りが訪れる話 / ロウリーのいい子日記 親友グレッグの伝記


絵本ナビホーム > 児童 > 絵本 > 外国文学、その他 > 難民になったねこ クンクーシュ

今月の新刊&オススメ絵本情報

難民になったねこ クンクーシュ

みんなの声(6人)

絵本の評価(4.29

何歳のお子さんに読んだ?

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット