話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

新刊
魔女からの手紙

魔女からの手紙(ポプラ社)

カスレちゃんという魔女にとどいた20人の魔女からの手紙。著名な画家陣が魔女のイメージで描いた絵に角野栄子が手紙文をつけた注目の絵本。

こわ〜いオバケ5つのお話

こわ〜いオバケ5つのお話

編: 日本児童文学者協会

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥900 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2014年07月
ISBN: 9784799900826

内容紹介

不気味な宮殿のなかで起きた恐怖のできごととは。おばあちゃんの家にすみつく「わらし」の正体は…。本当にこわいオバケから目が離せない、背筋が凍る5つのお話を収録。朝読にぴったりの1冊。

ベストレビュー

都市伝説っぽい怖いはなしが5つ

小学校の中高学年くらいにお薦めの短いお話が5作入っていました。
「世界でいちばん、こわいおばけ」
「ジンゴ」
「迷宮の怪物」
「ねだりわらし」
「箱」
どれも最後がゾッとするお話しです。
個人的には「ねだりわらし」が好みでした」

表紙と装丁は「あんびるやすこ」さんで、かわいいような怖いおばけたちがいっぱい描かれています。
(てんぐざるさん 50代・ママ 女の子23歳、女の子18歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • おおかみのはなし
    おおかみのはなしの試し読みができます!
    おおかみのはなし
     出版社:瑞雲舎 瑞雲舎の特集ページがあります!
    ことば遊び絵本『はやくちこぶた』の三びきのこぶたとおおかみが繰り広げる楽しいお話

日本児童文学者協会さんのその他の作品

真昼のキョーフ / 夜明け前のキョーフ / 真夜中のキョーフ / やがて、物語は逆転する / そして、物語は決着する / 物語は4つの顔をもつ


絵本ナビホーム > 児童 > 単行本 > 日本文学、小説・物語 > こわ〜いオバケ5つのお話

【連載】最終回 廣嶋玲子さんインタビュー

こわ〜いオバケ5つのお話

みんなの声(1人)

絵本の評価(4

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット