ロングセラー
ゆびたこ

ゆびたこ(ポプラ社)

  • びっくり
  • 役立つ
話題
しばわんこの和の行事えほん

しばわんこの和の行事えほん(白泉社)

お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

  • 全ページ
  • ためしよみ
ぼくの島にようこそ!

ぼくの島にようこそ!

  • 絵本
作: 市川 里美
出版社: BL出版 BL出版の特集ページがあります!

在庫あり

原則月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥1,540

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2018年08月01日
ISBN: 9784776408734

28×22cm 32頁


バナーをクリックすると、BL出版のおすすめ絵本がご覧いただけます

この作品が含まれるシリーズ

みどころ

ぼくの名前はマイマイ。
南太平洋に浮かぶちいさな島に住んでいます。
ある日、ルーシーという名の女の子とそのママが、旅行にやってきました。
やしの木かげで、タブレットで魚を見ているルーシーに、マイマイは「それ、クマノミだね。ぼく、ほんもののクマノミがいるとこ、しってるよ。みせてあげたいなあ」と言います。

マイマイはル—シーを連れて、浜辺に立つトーテムポールの間を過ぎ、ジャングルみたいな木々の間を通り、引き潮の浜を歩いて……とっておきの場所に案内します!

島のこと、海のことをよく知っているマイマイ。
ヤシの実をとってルーシーに飲ませてあげたり、あかちゃんザメに触らせてあげたり。
もちろん、触っちゃいけない生きもののことも教えます。
不安そうなルーシーが、だんだん生き生きした表情になっていく場面は見どころです。

一年中、おひさまが燦々と輝くこの島で暮らすマイマイの家族。
カヌーをあやつるお父さんや、島のおもてなし料理をふるまうお母さん、食卓のごちそうも素敵!
表紙に描かれている、マイマイがほら貝を力いっぱい吹く場面は、マイマイがとってもかっこよく見える場面の1つです。

マイマイにとっての島や海と、ルーシーが初めて体験する島と海が、あたたかな目線で両方織り込まれ見事に描かれています。
国内海外あわせて70冊以上の絵本を出版しているパリ在住の市川里美さんが、南太平洋の島の自然や、そこで暮らす少年と出会う少女の感動を描いた作品。
あたたかな海に飛び込んでいきたくなる絵本です。

(大和田佳世  絵本ナビライター)

出版社からの紹介

ぼくのなまえはマイマイ。南たいへいようにうかぶちいさな島にすんでいます。
あるひ、ルーシーとママが旅行にやってきました。
ルーシーは、タブレットで島にいる魚をみています。
マイマイは、ルーシーにほんものの魚をみせてあげたい、と思い、
ルーシーをとっておきの場所に連れていきます。
ニューカレドニアの美しい島を舞台に、少女ルーシーの体験を描きます。

ベストレビュー

赤ちゃんサメに触る!

南太平洋、ニューカレドニアのクニエ島に住むマイマイ少年のおはなし。
マイマイ一家は朝から大忙し。
都会からお客さんを受け入れるのですね。
やって来たのは、ルーシーとママ。
タブレットを使ったりしていますが、マイマイは本物の魚をルーシーに見せてあげたいと思うのですね。
もぐることなしにどうやって?と思いましたが、杞憂でした。
腰の深さで、こんな光景が見られるとは驚きです。
なかでもびっくりしたのは、赤ちゃんサメにも触ることができること。
すごい、すごい。
引き潮、満ち潮を熟知したマイマイの知恵にも感嘆です。
ほら貝での伝達方法もお見事です。
島のごちそう、ブーニャも、なんだかおいしそうですね。
小学生くらいから、南の島体験できると思います。
(レイラさん 50代・ママ )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


市川 里美さんのその他の作品

しっかりママにつかまって! ボルネオ島のおはなし / カイマンのダンス アマゾンのおはなし / こうまのマハバット / メリークリスマス-世界の子どものクリスマス- / マンモスのみずあび / なつめやしのおむこさん


絵本ナビホーム > 児童 > 絵本 > 日本文学、小説・物語 > ぼくの島にようこそ!

みんなで参加しよう!えほん祭

ぼくの島にようこそ!

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.5

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット