なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子の試し読みができます!
作: 松岡 享子 絵: 大社 玲子  出版社: 学研 学研の特集ページがあります!
創刊40年!世代を越えて愛され続ける、不朽の名作です!読み聞かせは4歳から、一人読みは6歳から
ひなそらとうやさん 30代・ママ

子どもが大好きな世界
なぞなぞも、オオカミも、子どもが大好き…
小学生からの【読みもの】もあります。楽しく読書習慣を。 絵本ナビの「絵本クラブ」がお手伝いします。>>>
ぼくの島にようこそ!
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ぼくの島にようこそ!

  • 絵本
作: 市川 里美
出版社: BL出版 BL出版の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,400 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2018年08月01日
ISBN: 9784776408734

28×22cm 32頁


バナーをクリックすると、BL出版のおすすめ絵本がご覧いただけます

出版社からの紹介

ぼくのなまえはマイマイ。南たいへいようにうかぶちいさな島にすんでいます。
あるひ、ルーシーとママが旅行にやってきました。
ルーシーは、タブレットで島にいる魚をみています。
マイマイは、ルーシーにほんものの魚をみせてあげたい、と思い、
ルーシーをとっておきの場所に連れていきます。
ニューカレドニアの美しい島を舞台に、少女ルーシーの体験を描きます。

ベストレビュー

南太平洋の美しい島

市川里美さんが、実際に目にした風景を基にした絵本だと思います。
南太平洋に浮かぶ小島の大自然、清んだ海、きれいなさかなたちが生き生きとしていてとても気持ちの良い絵本です。
島民のマイマイと旅行者のルーシーのやり取り、振る舞われるご馳走、なんだか自分も島に行ったような気分にしてくれました。
こんな島でもタブレットが開けるところが、現代を表しています。
(ヒラP21さん 60代・パパ )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • かえるがみえる
    かえるがみえるの試し読みができます!
    かえるがみえる
    作:松岡 享子 絵:馬場 のぼる 出版社:こぐま社 こぐま社の特集ページがあります!
    かえるがみえる、かえるがかえる、「える」の変化だけで愉快なお話が生まれます!言葉の手品みたいな絵本

市川 里美さんのその他の作品

メリークリスマス-世界の子どものクリスマス- / マンモスのみずあび / なつめやしのおむこさん / ペンギンのパンゴー / 森からのよびごえ / ママ、なんで?びょうきのママにききたいの



>絵本エイド ―こころにひかりを―

ぼくの島にようこそ!

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット